私のお祖母さんのケトル

この写真の左のケトルは、私のお祖母さんが暮らしていた メイン州のカムデンの家にあったオリジナルケトルです。 写真の右は再現したグランマーコッパーケトル(大)です。 オリジナルの年数がわかりませんが、家はアメリカのコロニア …

» 私のお祖母さんのケトル…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Keeper Of The Flame Vol.1

みずがめ座の時代が終わろうとしていた1970年、コロラド州クレステッドビュートの、とあるバーレストラン。デファイアントの伝説はその店に通う二人の青年によって、どこにでもある日常の中から始まった。 Tailingsの共同経 …

» Keeper Of The Flame Vol.1…の全文を読む

  • ページの先頭へ

冬のトリベット

バーモントキャスティングスの「冬のトリベット」は元々どこか違うデザインがありました。 「四季トリベット」のセットはバーモント州の風景のカントリーシーンになっています。 春はメープルの木から樹液をバケツに集めているシーン。 …

» 冬のトリベット…の全文を読む

  • ページの先頭へ

緑のトリベット

昔のバーモントキャスティングス特別作、珍しいホウロウ仕上げの秋のトリベットを手に入れました。 四季トリベットは一般的にクラシックブラックですが、珍しくアンティークグリーンホウロウのトリベットを見つけました。 どちらかとい …

» 緑のトリベット…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Keeper Of The Flame Vol.2

二人はパートナーとして長い渡し板の端と端にわかれ、ハウエルは経営者として、サイムは創造力を武器として互いの才能でうまく経営していった。「私達は世間を圧倒するような経営学修士の概念を持ち合わせているタイプではない。ただ道徳 …

» Keeper Of The Flame Vol.2…の全文を読む

  • ページの先頭へ

空飛ぶ小枝

ストーブに火を起こすためのキンドリング(焚き付け)が充分だったことはない。 朝、ストーブに火を起こすときには、15本ほどのキンドリングを使う。 ストーブの炉室でオーブン料理を楽しむときには、もっと多くのキンドリングが必要 …

» 空飛ぶ小枝…の全文を読む

  • ページの先頭へ

アメリカのアンティークストーブ屋さん その2

  • ページの先頭へ

アメリカのアンティークストーブ屋さん その1

  • ページの先頭へ

Trivet(トリベット)…縁の下の料理名人

トリベット無しのストーブクッキングなど考えることができない。ストーブトップ・クッキングのためのこの五徳の見かけは地味だが、その実力は大したものでなのである。シチューやカレーを弱火で調理したいのに、ストーブの火力が強すぎる …

» Trivet(トリベット)…縁の下の料理名人…の全文を読む

  • ページの先頭へ

薪とデファイアント貯金箱

  リンゴ農家は、毎年リンゴの木を手入れしなければならない。で、 切り倒す古木や剪定枝をただでくれると言ってくれる。彼にしてみれば、それを片づけて持ち去ってくれるなら大助かりだ。そんな彼は、 時にリンゴを1箱お土産にくれ …

» 薪とデファイアント貯金箱…の全文を読む

  • ページの先頭へ