田渕義雄・薪ストーブエッセイ きみがいなければ生きていけない

信州の山里に暮らす自然派作家がつむぐ薪ストーブをめぐる物語

田渕さんの訃報をお伝えします

一月三十日、田渕義雄さんが永眠されました。
ここ数ヶ月の連載は闘病中に執筆されたものであり、一月の原稿を準備されている最中の突然の訃報でした。
一月の原稿に添えられる予定だったイラストと写真をここに掲載いたします。
イラストは田渕さんのお姉様のご主人、義兄にあたる田中靖夫さんの筆によるものです。本連載でも何度か登場していますが、田中さんの力強い絵を田渕さんはとても敬愛されていました。
今回はお見舞いに訪れた田中さんにリクエストして、その場で描き上げてもらったそうです。
薪ストーブと薪小屋。
田渕さんからの永遠のメッセージです。

田渕さんは最期までご自宅で過ごすことを望まれました。
自ら丹精した大好きな家で、自ら作ったウィンザーチェアーに腰掛け、「きみがいなければ生きていけない」アンコールの暖かさに包まれながら穏やかな時間を過ごし、最愛の奥様に看取られて旅立ちました。

13年間、94回に及んだ連載でしたが、もっともっと田渕さんの言葉を聴きたかったと思います。その信念と哲学を私たちの血と肉に、次の世代に。田渕さんが残してくれたものを大切にしていきます。
心よりご冥福をお祈りいたします。

本ページのコメント欄を解放しています。
ぜひ田渕さんに送る言葉をお寄せください。
(FIRESIDE)

Illustrations by 田中靖夫
Photoes by Yoshio Tabuchi

 



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

コメント

  1. 今年から薪を作って北海道の冬を迎える準備をしています。やっとここまでたどり着きました。田渕さんに憧れて素敵な暮らしを夢見て20年も掛かってしまいました、年月が過ぎた分だけ今はとても幸せに感じる事が出来ています。全ては田渕さんの言葉から始まったと思います。今年の冬は薪ストーブの前で毛針を巻きますね、心からのありがとうをおくります。
    感謝 合掌。

  2. 京都での学生生活をしていたのは35年ほど前のこと。北白川の下宿、比叡山が見える窓、暑い夏に寒い冬。カセットコンロにかけた薬缶の湯気。Be-Palの『森からの手紙』で、都会から森の中に移住されたばかりの田淵さんの文章とイラストに、そういう生活に憧れました。レッドウィングのインシュレーティドブーツとTSエリオットの、spring is the cruest season、から始まる文章。赤い屋根の家に一度はお邪魔したかった。ただ憧れてでも普通に都会に住んで都会に勤めて、時々、軽井沢などで山に暮らしている気分だけを味わうだけに終始してしまっている自分に疑問を持ちながらも今に至っています。田淵さんから少しは影響を受けたと自負する私にとって憧れの存在の田淵さんが逝かれてしまったのは残念です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスは公開されません。お名前とメールアドレスを必ず入力してください。

(必須)

(必須)

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内