田渕義雄・薪ストーブエッセイ きみがいなければ生きていけない

信州の山里に暮らす自然派作家がつむぐ薪ストーブをめぐる物語

田渕さんの訃報をお伝えします

一月三十日、田渕義雄さんが永眠されました。
ここ数ヶ月の連載は闘病中に執筆されたものであり、一月の原稿を準備されている最中の突然の訃報でした。
一月の原稿に添えられる予定だったイラストと写真をここに掲載いたします。
イラストは田渕さんのお姉様のご主人、義兄にあたる田中靖夫さんの筆によるものです。本連載でも何度か登場していますが、田中さんの力強い絵を田渕さんはとても敬愛されていました。
今回はお見舞いに訪れた田中さんにリクエストして、その場で描き上げてもらったそうです。
薪ストーブと薪小屋。
田渕さんからの永遠のメッセージです。

田渕さんは最期までご自宅で過ごすことを望まれました。
自ら丹精した大好きな家で、自ら作ったウィンザーチェアーに腰掛け、「きみがいなければ生きていけない」アンコールの暖かさに包まれながら穏やかな時間を過ごし、最愛の奥様に看取られて旅立ちました。

13年間、94回に及んだ連載でしたが、もっともっと田渕さんの言葉を聴きたかったと思います。その信念と哲学を私たちの血と肉に、次の世代に。田渕さんが残してくれたものを大切にしていきます。
心よりご冥福をお祈りいたします。

本ページのコメント欄を解放しています。
ぜひ田渕さんに送る言葉をお寄せください。
(FIRESIDE)

Illustrations by 田中靖夫
Photoes by Yoshio Tabuchi

 



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

コメント

  1. ストーブエッセイが更新されていないので心配してました。
    山の暮らしに憧れ、30年前に建てた家も「寒山の森から」の写真をモデルに建てました。
    暮らしてみれば文章そのものでした。2台目の薪ストーブは偶然にもアンコールとの出会い
    があり、今ではストーブエッセイそのままに!薪ストーブがなくては山にいられないまでに。田渕さんの言葉はとても頼りでした。
    数年前、金峰山登山の帰り、田渕さんに会いたくて家までいったのですが、声かけられなくて。残念です。「森からの伝言」あらためて読み返します。

  2. 薪ストーブも、毛鉤釣りも、登山も、田渕さんに憧れて始めたんです
    ホントにさみしいです

    ご冥福お祈りします

  3.  ナチュラリストでありながらラディカルでアナーキーかつ理性的なエッセイが好きでした。私もキッチンガーデンに勤しみ、Heirloom seed等という語彙も初めて知らされ、考えさせられました。薪ストーブを愛用する者として共感することが多く、哲学的な想いも十分納得できるものでした。安定感のある田渕さんの新たな文章を読む事ができないのは寂しい限りです。

  4. 数年前ファイヤーサイド様企画の
    田渕義雄邸訪問ツアーに
    夫婦で遠方から参加しました

    辿り着くと
    そこは何から何まで
    美しすぎる楽園でした

    川上村の帰り途
    何も言わなくとも
    夫婦共々
    それぞれに何かを考えさせられ
    各々静かに興奮し
    深く深く感銘した事を憶えています

    田渕さんが庭から引っこ抜いてくれたラディシュの味
    奥様が焼いてくれたクッキー
    白樺の樹液氷が入ったレタスジュースの味
    一生忘れません

    悩める時、疲れた時
    時々、田渕さんを振り返らせて下さいね

    ありがとうございました
    ゆっくりお眠り下さい
    ご冥福をお祈りします

  5. 薪ストーブが、田渕さんのことを教えてくれました。
    田渕さんのように、少しでもなれたらといつも思っております。
    隔月毎のエッセイが読めなくなること、とても寂しいです。

     『森からの伝言』は、私の宝物になっております。

     「夢は、夢見た者を裏切らない。その実現を躊躇した者が、夢を裏切る」

    私なりのささやかな夢があります。その言葉を胸に生きていこうと思います。

     心よりご冥福をお祈りいたします。

     ありがとうございます

  6. 35年程前、田渕さんに会いたくて川上村を訪れました。
    留守のようで、お会いできずに金峰山川でテンカラ竿を振って帰りました。
    田渕さんの暮らし方、自然への想いにずっと憧れ続けて15年前に家内と二人で
    ハンドカットのログハウスを建てることが出来ました。
    薪ストーブも菜園も、心を豊かに暮らせております。

    田渕さんの著書に直接サインをしていただき、会話が出来たことは夢のような
    時間でした。

    ありがとう田淵さん。

  7. びっくりしました。自然が好きな私に憧れと夢を与えてくれました。いちどツアーがあった時に行きたかった。その後はお年なのでツアーは中止で行けませんでした。本当に残念でなりませんでした。でも素晴らしい生活や人生を教えて貰ったような気持ちです。ありがとうございます。いつまでも田渕さんのメッセージ忘れません。

  8. 高原の山里で書かれる心温まるエッセイが大好きで、次はまだかな?とサイトを良く覗いていました。闘病生活だったとは知りませんでした。
    私も中国山地の山の中で自然を相手に農業をしながら木に親しむ生活を過ごしているのでとても癒されるエッセイでした。
    もう、読むことが出来ないのかと思うと寂しいですね。
    ご冥福を祈ります。

  9. 訃報をこのサイトで知りました。
    野辺山 川上村 秋山 あちばけ湖 川端下橋 金峰山川 
    アンコール チェーンソー 蜜蜂 フライフィッシング教書 森からの伝言
    ありがとう田渕さん

  10. 昨年の夏にお家に伺うと電話をさしあげたら、奥さまが「秋ごろには回復する」とおっしゃっていました。ずうっと気になっていまして、2月2日の午後2時に電話をしました。「留守か?」と判断していました。今日、田渕さんの文章を読もうとアクセスしました。ショックです。田渕さんに作ってもらった机と椅子が私の宝物になってしまいました。後一つ、椅子を作ってもらおうと思っていましたのに❗庭の蜜蜂たちはどうしているのでしょうか❗ラズベリーは。木工の用具や機械は?チェーンソーは。薪は皆さんが作られたから十分ですね‼️明日から、また、田渕さんの文章をノートに書き写すことを始めようと思っています。もうすぐ72歳になる私ですが、ふらふらとしています。でも田渕さんの「もっとシンプルに、もっと低収入で、しかし、もっと豊かに」を実践し、薪ストーブを炊いて「街中の仙人」になります。寂しくてたまりません‼️

  11. 先ほど妻から田渕さんの訃報を聞きました。ここ数年、田渕さんに会う機会がなかったので今年の春には訪ねたいと思っていました。
    田渕さんとの出会いは私達家族の暮らしのマスタープランでした。娘は結婚する時も田渕さんに作って頂いた食器棚を嫁入り道具にして嫁いでいきました。
    我が家でも田渕さんの家具や本で心豊かな生活を送らせていただいています。
    訃報を知り、30年前の田渕さんと初めて会った時の事を思い出すと涙が出るばかりです。
    田渕さんのご冥福をお祈りいたします。

  12. 訃報を見て驚きました。
    この気持ちをうまく表現できません。
    力が抜けてしまうような、エッセイを楽しみにしていた皆さんも同じような感情なのでしょうか。
    これからも残して頂いた本を繰り返し読んでいこうと思います。
    ありがとうございました。

  13. あまりにも突然の訃報、残念でなりません。
    雨の日に初めてゴールドマウンテンを訪ねた時のこと思い出します。田渕さんの薪ストーブ暮らし、菜園づくり、環境に関するメッセージを毎回愉しみにしていました。田渕さんの生き方、少しでも近づければと思っています。ありがとうございました。

  14. 田渕さんの訃報を奥多摩のバックパッキングを終えた無人駅で知りました。
    田渕さんとその著書、その言葉は、僕の人生の北極星のような存在でした。これから田渕さんの新しい言葉が届くことが無いとは本当に悲しいことです。
    これからもバックパックとフライロッドを持って旅を続けることで、田渕さんのご冥福をお祈り申し上げます。

  15. やり場のない寂しさ、今はひたすら悲しいです。
    昔、薪ストーブのイベントで、山小屋を建て薪ストーブ生活が私たち夫婦の夢です、と言ったら田渕さんは「夢は叶うんです」とおっしゃった。とても嬉しかった。そして頑張って夢を叶えました。赤いアンコールも薪小屋もCOLD MOUNTAIN WORKSHOPなんて命名も全粒粉の手ごねブレッドもウインザーチェアも素敵過ぎました。みんな田渕さんのせいです。この寒山で何回目の冬を数えたとか、薪焚きの素晴らしさや春の麗しさもその詩的な文章で四季の森へいざなってくれました。あなたの生き方、少し頑固なメッセージは私を含め多くのフォロワーに影響を与え、一方、田渕さんの経済や環境への鋭い警鐘は、今の時代改めて肝に銘じなければと。。タブチくんのスピリットはいつまでも私たちのこころに生き続けるのでしょうね。ありがとう田渕さん。

  16. 小さなフライ・ボックスを、大好きなペンドルトンのシャツのポケットにおしこんで、
    セサミストリートのロックマーチか何かを口ずさみながら、いつもの川へ。
    美しい森を流れる、美しい川。
    喜びに満ちたどこまでもつづく川の広がり・・・、
    誰にも教えない秘密の川、心の川、カーティス・クリークへ。
    1979年に大学生だった私は、「フライフィッシング教書」の、この文章で
    とても素敵なイメージを教えていただきました。
    当時の日本では、ほんの一握りの選ばれた人たちだけが知っていたワクワクする気持ち。
    40年経っても、決して色あせないイメージ!
    ありがとうございました。

  17. 2016年のご自宅訪問イベントに参加させていただき、田渕さんの生き方に憧れ、八ヶ岳に薪ストーブの家を持ち往復するようになりました。
    ・・・田渕さんのブログより・・・・
    きみが街に住んでて、自然が恋しいなら、
    週末遊牧民になることをすすめる。
    何処か森の片隅に小さな家を建てよう。
    電気も水道もいらない。
    そんな土地なら、何処にでもある。
    買ってしまってもいいし、借りてもいい。

    Less is more. 森の小さな家にはなにもいらない。
    オイルランプと小さな薪ストーブがあればね。
    そこで、なにをするのかって?
    馬鹿だなー、NHK みたいな質問すんなよ。
    なんにもしないんだよ。
    枯れ枝拾い集めて薪ストーブ焚いて、暖かいなー。
    夜になったらオイルランプの黄色い焔みつめて、
    ガールフレンドとうっとりしてればそれでいいんだ。
    ・・・・・・・・・・
    ご自宅から見える廻り目平第一岩峰にまた行きたいと思います。
    田渕さんのご冥福をお祈りいたします。
    ありがとうございました。

  18. 20年以上前、都内の書店で「寒山の森から」を手に取ったのをきっかけに、
    山小屋を建て、デファイアントを十数年使いました。
    数年前に事情があって手放しましたが、
    今年、仕事を退職し、また長野の森の中に小さな山小屋を建て、
    田渕さんのような生活をしたいと計画していた矢先でした。

    3年前のご自宅訪問には、どうしても行けなくて、
    再度の開催を心待ちにしておりました。
    ご冥福をお祈り致します。

  19. 田渕義雄先生、大好きでした。特に、先生の著書、「薪ストーブの本」は、20年前に、バーモントキャスティングスの薪ストーブ(イントレピッドII。因みに今は2010年にアンコールに入れ替えました。)を我が家に導入した時からの愛読書でした。特に、この本の、田渕先生の薪ストーブ生活についての持論が書かれた序章の部分は、今も、私の薪ストーブ生活のバイブル。それだけに、この度の突然の先生の訃報に、深い悲しみを感じています。心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

  20. 突然の訃報に大変驚いています。

    田渕さんとは40年程前、檜谷清氏とその仲間たちと共に小川山のクライミングに誘いだしてからのお付き合いです。

    その後、当時飼われていたジローの子のピーターを貰い受け、彩子さんから「これからは親戚ね」と言っていただいたり、毎夏のキャンプでは、野菜をたくさん下さったり、クリスマスパーティーでは幼い娘達も大変お世話になったりしました。
    娘が食器を落として割ってしまったとき、優しく「いいんだよ、物は壊れるんだから」と言っていただいたことが忘れられません。

    またテーブルとチェアーの制作をお願いして、寒山から遠い我が家まで搬送して頂いたりもしました。

    当時の子供達も結婚し子供ができ小川山にキャンプに行こうね、と話していたのに残念でたまりません。

    みんなが褒め、羨ましがる、このテーブルと椅子の上で、今もパソコンに向かっています。
    田渕さん、本当に、本当に、人生の喜びをたくさん下さり有難うございました。
    彩子さんの深い愛に支えられ、思い通りの人生を送られた田渕さんに改めて感動の思いがこみあげてきています。

  21. 田渕さんが大好きで、勝手に自分の人生の師匠と決めました。
    そして、自給自足的 田舎暮らしを田渕さんにならって
    イントレピッドと共に斑尾高原の山小屋で生きながらえている者です。
    ショック!の一言に尽きます。

    ご冥福を お祈り申しあげます。

  22. 40年前…15歳だったエサ釣りバカが本屋の棚に一冊に出逢いカーティスクリークの世界に惹き込まれました。
    リバースミスでありたいと本当に食べたくなった時だけお気に入りの毛鉤をさげていきキャッチアンドストマックの精神で魚をいただくありがたさを教えてくれた永遠のあこがれの釣師です。
    シェリダンと今頃は、毛鉤の話しをしているのかと…
    心からご冥福をお祈りします。

    ステキな教科書をありがとう‼

  23. たまに更新されるこのサイトのエッセイが好きでした。
    正直に言えば、田渕さんのこと、年齢や生い立ちなどをよく知らず、ただ薪ストーブの生活、アウトドアの素朴なライフスタイルなどに漠然と憧れていたものです。
    都会の消費生活にどっぷりつかっている私からすれば、田渕さんは仙人よのうなイメージさえあります。
    これからもっと知りたいと思ったところで、残念です。過去の著作などを読んでみたいです。
    ご冥福をお祈りします。

  24. 「フライフィッシング教書」以来のファンでした。私が心の病に陥ったとき、救ってくれたのが、この本とそこに紹介されたフライフィッシングという釣り、そして様々な書籍に登場する田渕さんの笑顔でした。どうもありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

  25. 突然の訃報に驚いています。

    田渕さんのライフスタイルは憧れそのものでした。
    廻り目平に行った時は、いつも遠くから赤い屋根を見ていました。
    7,8年前に、運に恵まれ田渕邸を訪問することができ、
    素敵なご自宅や美しい菜園、そして田渕さんのお話を伺い、
    感激したことを思い出します。

    著書もそうですが、このブログも美しい詩の様でありながら、
    この複雑で狂気の時代を鋭く表していて、
    読むたび、「やっぱりそうなんだ。これでいいんだ。」と感銘していました。
    皆さんと同様、私にとっても田渕さんは北極星でした。

    赤いアンコール
    退化を退行的進化と捉える想像力
    もっとシンプルに、もっと低収入で。しかし、もっと豊かに。
    ・・・

    田渕さんから頂いた光は、これからも私の中で輝き続けるでしょう。

    ご冥福をお祈りいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスは公開されません。お名前とメールアドレスを必ず入力してください。

(必須)

(必須)

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内