ポールキャスナー 薪ストーブのある生活

日本における草分け的存在が贈るカントリーライフの提案。薪ストーブにまつわる様々なストーリーをお届けします。

バーモントキャスティングスのオーナーズデー

25年前の8月にバーモントキャスティングスのオーナーズピクニックのイベントが行われました。
バーモント州小さな町ランドルフというのは人口の少ない田舎町です。「ストーブオーナーたちを呼んでパーティをやろう」 と創立者のサイム氏が言ったときせいぜい500人ぐらいが来ると思っていた。当日10万人も見えたので驚きました。 ホテルもほとんどない町ですので、VCのスタッフの家など公開し、工場の広場はテント村になってしまった。

偶然か、ちょうどその年はランドルフ町の創立200年記念でした。
そのため、バーモントキャスティングスがその記念のリベットを作った。この馬はモーガンという種類で、ランドルフではブリーディングしたという。モーガン馬はバーモント州の記念シンボル動物です。

たくさんのゲーム、コンサート、ストーブ話…。
たくさんの楽しいことが詰まったイベントでした。
アメリカのマスコミの全国のニューズで 「ウッドストック2」と伝えられるほどの報道になりました。


1981年のオーナーズデーのために開発した「薪バス」


ランドルフの風景を模様したオーナーズディー記念コースター。時々アメリカのオークションebayで見つけられます。


非常に珍しいオーナーズディー記念の鋳物のプラックです。
これについて調べていますが、運動コンテストの優勝した人にあげたらしい。
数少ないと思われます。
 



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内