薪ストーブ屋さんリレー連載「ひたてま食堂」

いつでもオーブンがスタンバイ!HETA(ヒタ)で作る“ひとてま”かけた“ひたてま料理”

鶏手羽元焼き

岩手県平泉町にある暖欒工房CHIJOの展示場。
天井は梁を現した約50坪の大空間を、今シーズン一台で温めているのが、
HETAの最大の薪ストーブ『LOGI』です。

お昼は賄い料理を作って、みんなで食事をしておりますので、
冬は当然薪ストーブ料理がメインとなります。

賄い料理は手間をかけないことに重きを置いていますので大した料理ではないですが、一例までにどうぞよろしくお願いします。

包丁、まな板も使わず、洗い物を出さないというやり方の、
『これぞ賄い』というレシピです。

鶏手羽元焼き

材料

  • 手羽元 …16~20個
  • 砂糖 …小さじ2
  • 酒 …大さじ3
  • 醤油 …大さじ5
  • ごま油 …大さじ2

作り方

1.手羽元に砂糖小さじ2をすり込む

2.ジップロック等に入れて 酒、醤油、ごま油を入れてもみ込む。
30分くらい漬けておく。

3.150℃くらいのオーブン温度にし、クッキングシートを敷いたベーキングトレイ(オプション品)に漬け込んだ手羽元を置き、オーブンにいれます。

4.表面に焦げ目が少し付くくらい焼きます(40分くらい)。

5.時折様子を見てひっくり返したりしながら完成です。

展示場では『LOGI』のオーブン付きストーブを今シーズンから使用しているのですが、使ってみて薪ストーブで作る料理のバリエーションが明らかに増えました。
『オーブン料理が気軽に出来るようになった』というのが一番しっくりくる言葉です。

薪ストーブでピザというのは定番だと思いますが、他の薪ストーブだと燃焼を抑えてからじゃないと過燃焼で焦げてしまう。
LOGIだと、燃焼をそのままにしていてもオーブン料理が出来るので、この気軽さは嬉しいです。
ガラス窓から焼き加減がチェック出来るのも良いですね。

東北の冬もガツンと温めて、尚且つオーブン料理がバッチリ出来る。
薪ストーブと料理好きにお勧めしたい薪ストーブです。

レシピ提供
千條静雄

岩手県平泉町出身。暖欒工房CHIJO代表。一級建築士。チジョウ建創設計事務所を開業し設計に携り、その後薪ストーブ専門店、暖欒工房CHIJOを始める。暖欒工房CHIJOは今年17年目を迎える。趣味はガーデニング、ゴルフ、家庭菜園は約210坪の畑で趣味の領域を超えている。

暖欒工房CHIJO
〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字高田前101-1
TEL: 0191-46-5115
岩手県平泉を拠点とし、東北6県で薪ストーブ設置実績。薪ストーブを常時40台ほど展示、その内15台が燃焼体感可能な東北最大級の体験型の薪ストーブ展示場。第二展示場(予約制)では実際のライフシーンを想定し、リビングや玄関土間、和室など5台が燃焼できる。薪の販売、煙突掃除、メンテナンスなども対応。一級建築士と一級建築施工管理技士の資格を持ったスタッフが安心の薪ストーブライフを形にします。

> 販売店ページ



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内