ポールキャスナー 薪ストーブのある生活

日本における草分け的存在が贈るカントリーライフの提案。薪ストーブにまつわる様々なストーリーをお届けします。

騒音と二酸化炭素を出さない薪作り方法


 

細い丸太を素早く静かにカットする「弓鋸」

「弓鋸」は、西洋の丸太鋸として海外の薪ストーブユーザーに広く浸透しています。
鋸としては日本ではまだなじみが浅いのですが、
住宅密集地などでチェンソーの騒音を出せないユーザーの声により、
周囲を気にせず気兼ねなく玉切りが行えるよう、このたび新商品として取り扱いを行うこととなりました。

バーコ社の弓鋸は軽量で握りやすいハンドルにスチール製の頑丈なフレームを備え、
弓鋸の特徴である切る物の方向へ確実に力が伝わります。
そのため、長時間の作業を楽にこなしてくれます。
特にチェーンソーでは不得意とする径の細い丸太は、思いのほか素早く切ることが可能です。

バーコ社は工業機械の老舗でもあり、メタルソーや木工切断機など、
世界各国より特殊鋼の刃物においての信頼性は高く評価されています。
そんなバーコ社のブレードは、鋭い切れ味と、 写真のとおり交換が簡単に行えるのも特徴です。
刃とフレームに角度をつけられるので、 細かい作業や複雑な切断に適しています。

※こちらの商品は2012年4月現在、ファイヤーサイドでの販売を終了しております。
 
 



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内