ファイヤーサイドスタッフブログ われら薪焚人(まきたきびと)

中央アルプスの麓、標高800mの大自然より四季折々の話題をお届けします。

2020 Jul. 29

ヴィヒタと薪棚

カテゴリー: サウナ

冬のサウナのために、白樺のヴィヒタをドライにしました🌿


薪棚とヴィヒタ、幸せな光景です。


信州では白樺は身近な木ですが、モバイルサウナに親しむようになってその芳香の素晴らしさを知りました。
普段はそんなに感じませんが、サウナの中で葉に熱が加わると、アロマが弾けるように広がって、爽やかな森の香りがいっぱいに漂います。
このヴィヒタで身体を叩いて発汗を促したり、マッサージします。

本来なら春先、花の咲く前の若葉の方が柔らかくて良いそうです。
花が付いた場合は除いておかないと、ドライになった時にタネになって溢れ出てくるので掃除が大変です!
花はちょっと虫っぽいので一瞬びっくりします。


コッパーロウリュ桶とヴィヒタ。


2020 Summer Greeting☀️
季節のご挨拶に作ったビールもサウナデザインです。

  
今年はコロナ禍のなか外出の機会も減り、夏に向け徐々に汗をかいて身体を慣らすこともままなりませんでしたが、サウナで汗を出す習慣をつけ、休んだ汗腺を活性化することは熱中症予防にも繋がるそうです。

  • ページの先頭へ

コメントをどうぞ

※メールアドレスは公開されません。お名前とメールアドレスを必ず入力してください。

(必須)

(必須)

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内