すずきみちよ 薪ストーブでおうちごはん

アウトドア料理コーディネーター鈴木道代によるシンプルな素材が生きる「おうちごはん」レシピ

ローラの母さんのチキンパイ

 

大草原の小さな家のご馳走

地域の市として定期的に開いている“里の市”の
焚き火ダッチオーブンクッキングで何を作ろうかと考えて、
昔のレシピをめくってみました。

ダッチオーブンCOOK-OFF。
ダッチオーブンを愛する人たちが集まって料理の腕を奮うお祭りです。
私もダッチオーブンを手に入れてハマッているころは毎年欠かさず参加していました。

 

そのとき作ったのがこのレシピ。
大好きな『大草原の小さな家』シリーズの本で
母さんが作ってくれるご馳走のチキンパイです。

  

ローラのお母さんのチキンパイ

材料

 

  • 鶏もも肉 …2枚
  • じゃがいも …4個
  • 玉ねぎ …2個
  • オリーブオイル …適宜
  • 塩 …小さじ1/2くらい
  • こしょう …少々
  • 卵 …3個
  • 【 パイ皮 】
  • 地粉 …1.5カップ
  • 塩 …小さじ1/3
  • なたね油 …大さじ3
  • 水 …大さじ3くらい

 

作り方

1.鶏もも肉はぶつ切り、じゃがいも、玉ねぎは5mmくらいにスライスする。
2.強火にした薪ストーブのストーブトップでコンボクッカーを熱して
オリーブオイルをひき、塩こしょうした鶏肉をこんがりとソテーする。
隣ではゆで卵をつくります。

 

3.鶏肉はカリッと焼いたらいったん取り出し、
次に玉ねぎ、じゃがいもを炒め、少量の水と塩を入れて蓋をして蒸し煮にする。

 

4.その間に簡単パイ皮を作ります。
ボウルに地粉と塩を入れて混ぜたら真ん中をへこませて
なたね油を加えて菜ばしで大きくかき混ぜます。

 

5.ざっと混ざったら少し残して分量の水を一気に加える。
菜ばしで混ぜたら、指で練らないようにまとめます。
水分が足りなければ少しずつ足して。

 

6.丸くまとめたら麺棒で薄く伸ばします。

 

7.じゃがいもがやわらかくなったら軽くマッシュして塩こしょうで味を整え、
上にソテーした鶏肉と八つ切りにしたゆで卵を散らす。

 

8.パイ皮を鍋の中身の上にかぶせて縁にひだを付けピッタリさせる。

 

9.おき火になった炉内にクッキングスタンドを立てコンボクッカーを入れて
皮がコンガリするまで焼きます。
残念ながら熾きが少なくなってしまい、また薪を入れ仕切りなおしました。
薪の様子を見てちょうどいい熾きになるよう調整を忘れずに。

 

 

 
使用ストーブ » バーモントキャスティングス  アンコール
クックウェア » ロッジ  コンボクッカー

 

COOK-OFF

昔のレシピを見てみるとなんと面倒くさい作り方をしていることか。
じゃがいもは茹でてからマッシュポテトにしているし、
チキンスープをコンソメで別に作っておいてかけたりとか。
鶏肉はカリッと焼けていないと娘が食べないので、
今でも肉は先にソテーしますけれど。

鉄鍋好きを自負していましたが、ダッチオーブンの大鍋ならではの良さが全くわかっていなかったのじゃないかなぁと自分にガッカリしました。

 
ダッチオーブンCOOK-OFFとはJDOS(ジャパンダッチオーブンソサイエティ)が主催するダッチオーブン愛好家のイベント。
自分の得意料理を作って参加者の皆に味見してもらうというデイキャンプ。
私がよく行っていた頃は(今もかな?)とっても華やかで、
ホテルのシェフがコックさんの服で子羊やらクレープやら振舞ってくれていました。

もちろんおいしいもの沢山でダッチオーブン談義も楽しかったのですが、
いかに凝った料理をアウトドアで作るかという感じでヒートアップしてたかも。
私も辛子レンコンとかエビシュウマイとか
自分でもよくやるな~というものを作ってました。
思えば背伸びしていたのでしょうねー。

今はやっぱり一鍋でざっくり作っても必ずおいしいという定番料理がいいですね。
チリコンカンとか鶏粥とかいつもの味が人気です。
放っておいても鍋が料理してくれるもの。
ダッチオーブンから出汁がでるみたいだと友達は言ってくれましたが。

よく考えるとCOOK-OFFで声をかけられBE-PALの付録冊子にレシピを載せたのが私のキャンプ料理の仕事始め。
その後も楽しい出会いがたくさんあったりと懐かしいイベントです。

 

森の恵みをたっぷり燃やして

煙突掃除もすんだし、
薪割りもダンナの俊ちゃんががんばってくれてエネルギーストックも増えたし、
このところの寒さで薪ストーブフル稼働。

やっぱりしっかり焚いているといいですよねー。
苦労して薪を作っているだけにそのありがたみは大きくて。
うれしくて楽しい暖房器具ってあるのですね。

 
12月は一番薪を使う時期。
たっぷり燃やした森の恵みでおいしい料理をたくさんつくりましょう。
クリスマスもあることですし。

 
今回のチキンパイ、ローラの本では丸鶏3羽も入れて作る大ご馳走みたい。
昔風のチキンパイは必ずといっていいくらい中にゆで卵が入るそうですよ。
これはいまの私流に簡単アレンジに。

サンタさん今年も娘に来るのでしょうか?
その前に選挙にも行かなくちゃ。
残り少ない今年もあわただしく過ぎていくのでしょうね~。
みなさんよいお年を。

 

<関連レシピ>
大草原の小さな家

» りんごと玉ねぎのいためもの

クリスマス
» 豚バラ肉のママレード煮
» 薪ストーブでローストチキン

お正月レシピ
» うちの定番おせち・ローストポークと鮭昆布巻

 



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内