ポールキャスナー 薪ストーブのある生活

日本における草分け的存在が贈るカントリーライフの提案。薪ストーブにまつわる様々なストーリーをお届けします。

バターが買えないなら

 

スーパーのバターが全部売り切れました。
一本も買えませんでした。
「今バターは欠品です。不足です!入荷してもお客様一人に1本限定ですよ!」
3つ4つのお店を回りましたが、バターを買えませんでした。

なぜバター不足になったのか?
利益率の問題から、乳業メーカーは、生乳から先ずは牛乳を作り、次にヨーグルトなどの乳製品を作り、最後にバターを作る優先順位で生産をしていました。
そこに牛乳が余り気味になったので政府からの乳牛の生産調整などがあり、生乳の量が減らされたところに猛暑が重なり、極端に生乳の生産量が落ち込みました。
更に海外からの輸入バターもコスト高により、輸入量を絞っていましたので、あっという間にバター不足になりました。

市販のバターが不足になっても簡単に作れますよ。
手作りバターは市販のバターより美味しい。

 

HOW TO MAKE BUTTER

生クリームとガラス瓶があればできます。

材料

  • 脂肪分40%以上の生クリーム
  • 味付けは塩


生クリームを手で持ちやすい容器に入れます。


分離するまでよく振ります。(音楽にのって!)


10分ぐらいかかるので仲間と交代すると楽です。


脂肪分と水分が分離状態になったらザルで水切りします。


液体がホエーと言います。スープなどの原料として使えます。
できたてバターに好みの味になるまで塩を加えます。


保存容器に移して固まるまで冷蔵庫に入れます。
この容器はミニダッチオーブンです。

 

クレームフレーシュ(Crème fraîche)

寒い冬に体が温まる薪ストーブ料理は、やはりストーブトップスープとベークポテトだ!素朴で簡単な料理。
クレームフレーシュ(サワークリームの一種)のトッピングを作ります。
クレームフレーシュはフランスの濃く発酵したクリームです。
生クリームから簡単に作れます。

材料

  • 生クリーム
  • ヨーグルト菌
  • (すべての材料は常温です。生クリームを事前に冷蔵庫から出しておきます)

【用意する道具】
熱湯で殺菌された容器

【準備】
6〜12時間の間、30℃前後で保温できる場所を確保する。
薪ストーブの側の暖かい場所、魔法瓶、ヨーグルトメーカー、こたつ、保温機など。

 

作り方


容器に生クリームとヨーグルト菌を入れます。


よく混ぜます。

今回仕事場で作りました。
5時過ぎはもう薪をストーブに入れないので、夜中温度が下がりすぎます。
自宅ならば寝る前にストーブのウォーミングシェルフにそのまま置くと朝になったら仕上がります。

それでNOVA断熱二重煙突を保温機にしました。
NOVAは優れた断熱二重煙突です。
薪ストーブから排気する煙の温度を保ち、いつも良いドラフトができます。
内部の熱い排気ガス温度はそのままなのに表面の温度が4分の1以下!
断熱二重煙突の下に板やお皿を置きます。
熱源は約70℃のお湯。
煙突の中に入る大きさのパイレックスガラス瓶がちょうどいい。
もちろんストーブで沸かしたお湯を使います。


煙突にお湯の瓶を入れます。


瓶の上に容器を置きます。


エンドキャップをフタにします。


ブランケットやタオルなどを巻いて暖かい所に置きます。
おやすみなさい。次の朝が楽しみです。


一晩たってフタを開けますと・・・何と液が浮き上がって見えます。


よく固まりました。クレームフレーシュができたぞ!


少し混ぜましょう。酸っぱい味がすれば良いです。
冷蔵庫で1ケ月も保ちます。
置けば置くほど酸味が強くなります。


寒い季節はスープが欲しい。
ストーブトップでゆっくり煮込む。体が温まる。
汁に素材がとけ込んで出汁の旨味がスープになる。
私はベジタリアンなので、豆などたくさん使います。お肉で出汁をしません。
お肉がお好みの場合は適当に材料を入れ替え、自分流のスープを作りましょう。

 

素朴なランチレシピ

「ファイヤーローストトマトのひよこ豆スープ」と
「サワードゥパン」と「ベークポテト」
使用ストーブ » バーモントキャスティングス  デファイアント

材料

  • トマト(青いものもOK)
  • ひよこ豆(乾燥豆また市販パックや瓶詰め)1カップ
  • 玉ねぎ 1/3個
  • ニンニク 2かけ
  • ココナツオイルまたはオリーブオイル 大さじ1
  • 調味料(タイム、バジル、オレガノ、パセリー、塩、胡椒など)

 

作り方


先ずはよく洗った乾燥ひよこ豆1カップをぬるま湯3カップにつけて、
ウォーミングシェルフなどの暖かい場所に6時間おきます。
寝る前にやれば朝には戻っています。


1.5倍まで膨らみます。
戻した水は捨てて、鍋に移してひたひたまで水を注ぎ、
ストーブトップで4.5時間、中温で煮込む。
圧力釜を使用する場合は25分煮る。
ストーブトップが高温の場合はトリベット(鍋敷き)などで調整します。


豆を煮込んでいる間に玉ねぎをココナツまたはオリーブオイルで炒めておきます。
玉ねぎがしなびれたらニンニクを加えます。

次にスープのベースになるファイヤーローストトマトを作りましょう。
火室で焼きますので深いスモーキーな香りになります。

 

ファイヤーローストトマト

火室の薪がほとんど燃えきった熾き火状態で調理します。
調理一時間前に薪を入れないようにします。

トマトを半分に切ります。


中の種を捨てます。


ロースターやスキレットに切り面を下にして並べます。

クッキングスタンドを設置し、熾き火を左右に分けます。
トマトのロースターを入れます。
ドアを閉めて表面に焦げ付きがでるまで焼きます。
ダンパーは開けたままで行います。


灰受けにジャガイモを入れ忘れないように!
灰受けをオーブンにするにはオーブンプレートを使います。


皮がしわしわになり、


串が簡単に芯まで入るとそろそろ仕上がります。
ロースターが熱いのでストーブから出す時に革製ストーブグローブ及び手ぬぐいを使います。


冷ましてから皮を剥きます。


ファイヤーローストトマトソースができます。


ひよこ豆に炒めた玉ねぎとニンニク、トマトソース、調味料を加えます。
水分が少ない場合は適切な量の水を加えて、20分程中温で煮込みます。
クレームフレーシュをのせて盛りつけます。

 

ピザストーンで焼くサワードゥパン

»パンの作り方→100年以上生きているサワードウ菌を飼っている!

火室の薪がほとんど燃えきった熾き火状態で調理します。
調理一時間前に薪を入れないようにします。
 
ピザストーンをクッキングスタンドを設置し、15分熱を加えます。


バヌトンをひくり返します。


パンをピザストーンにのせます。


カミソリを使ってカットします。


パンが狐色になったら出来上がりです。


パンをピールで取り出して10分冷ます。


ベークポテトも忘れないように!


ラスティックなランチ;サワードゥパンと手作りバター、ファイヤーローストトマトスープとベークポテトにクレームフレーシュのトッピング!

暖かい冬をお過ごしください。

 



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内