カッコウと里親鳥の攻防戦

(Photo:巣立ち間際のカッコウのヒナ) 朝、カッコウの声で目が覚めました。 早朝より、 「カッコウ カッコウ … 」と、しきりに鳴いています。 この声を聞くと、信州の里にもやっと初夏が来たなぁーと毎年思 …

» カッコウと里親鳥の攻防戦…の全文を読む

  • ページの先頭へ

モモンガの棲む森

いまから30年も前のこと、中央アルプスの森林帯でボクはクマタカの撮影をしたことがあります。 太い樹の上にボクの身を隠すブラインドを張って、そこに隠れて撮影をしていたのです。 そのブラインドに、あるときモモンガが7匹も棲み …

» モモンガの棲む森…の全文を読む

  • ページの先頭へ

タヌキの掃除屋さん

(Photo:被災地の泥の上で、捜索隊の足跡をたどっていくタヌキの足跡) (Photo:あくびをしているタヌキ) タヌキは、北海道から九州までほぼ全国に広く棲んでいます。 日本特産種であって、ずっとずっと昔から日本の気候 …

» タヌキの掃除屋さん…の全文を読む

  • ページの先頭へ

美しい三陸海岸の思い出

(Photo:八戸市の近くの美しい海岸線) 三陸海岸は、とてもすばらしいところです。 ここの景色が大好きで、ボクは茨城県から福島、宮城、岩手、青森県へと海岸線を何回も車で走ったことがあります。 あるときには、タカの勇姿を …

» 美しい三陸海岸の思い出…の全文を読む

  • ページの先頭へ

在日ハクビシンは快進撃中

  (Photo:柿の木に登っているハクビシン) (Photo:リンゴを盗みにきたハクビシン)  リンゴジュースにしかならない規格外のリンゴを農家からたくさんいただきました。家に着いたのが夜だったので、荷物のリ …

» 在日ハクビシンは快進撃中…の全文を読む

  • ページの先頭へ

鳥インフルエンザは渡り鳥が悪者なのか

  • ページの先頭へ

ノウサギはどこへいった

  (Photo:晩秋、白くなりかけのノウサギ 約30年前に撮影 リバーサルを複写) (Photo:冬になり全身が白くなったノウサギ 約30年前に撮影) 輝かしい2011年の幕開けとなりました。 今年の干支は、 …

» ノウサギはどこへいった…の全文を読む

  • ページの先頭へ

イノシシは熊のニセモノだった?

今年も春夏秋冬がどんどん過ぎていき、さいごの季節の初冬となりました。 狩猟シーズンにも突入したので、山歩きにも注意しなければなりません。 愛犬の柴犬と一緒に山歩きをするので、夏の間にしまいこんであった派手な赤い生地の衣類 …

» イノシシは熊のニセモノだった?…の全文を読む

  • ページの先頭へ

意地悪なヒヨドリと素敵なヒヨドリ

中央アルプス山麓にある、ボクの仕事場にはヒヨドリが1羽居ついています。 リスが遊びにくるテーブルがあり、そこにリンゴを出しておくと、ヒヨドリがつつきにくるのです。 リスもリンゴをかじりますが、ヒヨドリはそのリンゴを自分の …

» 意地悪なヒヨドリと素敵なヒヨドリ…の全文を読む

  • ページの先頭へ

鹿が馬鹿といわれるワケ

信州伊那谷の山間にある知り合いの農家から電話がきました。 「gakuさんねぇー 最近シカが増えて、農作物を荒らしてしまって困るんだよねぇー ちょっと、現場をみてアドバイスをしてくれない…? 」 さっそく出か …

» 鹿が馬鹿といわれるワケ…の全文を読む

  • ページの先頭へ