在日ハクビシンは快進撃中

  (Photo:柿の木に登っているハクビシン) (Photo:リンゴを盗みにきたハクビシン)  リンゴジュースにしかならない規格外のリンゴを農家からたくさんいただきました。家に着いたのが夜だったので、荷物のリ …

» 在日ハクビシンは快進撃中…の全文を読む

  • ページの先頭へ

鳥インフルエンザは渡り鳥が悪者なのか

  • ページの先頭へ

ノウサギはどこへいった

  (Photo:晩秋、白くなりかけのノウサギ 約30年前に撮影 リバーサルを複写) (Photo:冬になり全身が白くなったノウサギ 約30年前に撮影) 輝かしい2011年の幕開けとなりました。 今年の干支は、 …

» ノウサギはどこへいった…の全文を読む

  • ページの先頭へ

イノシシは熊のニセモノだった?

今年も春夏秋冬がどんどん過ぎていき、さいごの季節の初冬となりました。 狩猟シーズンにも突入したので、山歩きにも注意しなければなりません。 愛犬の柴犬と一緒に山歩きをするので、夏の間にしまいこんであった派手な赤い生地の衣類 …

» イノシシは熊のニセモノだった?…の全文を読む

  • ページの先頭へ

意地悪なヒヨドリと素敵なヒヨドリ

中央アルプス山麓にある、ボクの仕事場にはヒヨドリが1羽居ついています。 リスが遊びにくるテーブルがあり、そこにリンゴを出しておくと、ヒヨドリがつつきにくるのです。 リスもリンゴをかじりますが、ヒヨドリはそのリンゴを自分の …

» 意地悪なヒヨドリと素敵なヒヨドリ…の全文を読む

  • ページの先頭へ

鹿が馬鹿といわれるワケ

信州伊那谷の山間にある知り合いの農家から電話がきました。 「gakuさんねぇー 最近シカが増えて、農作物を荒らしてしまって困るんだよねぇー ちょっと、現場をみてアドバイスをしてくれない…? 」 さっそく出か …

» 鹿が馬鹿といわれるワケ…の全文を読む

  • ページの先頭へ

まちがいだらけの自然保護

(photo:ハッチョウトンボのオスは、とても美しい赤色をしています) ハッチョウトンボって、知ってますか? 小さな、ちいさなトンボです。 体長は、28ミリくらい。細くて小さいので爪楊枝を半分にして羽をつけたみたいです。 …

» まちがいだらけの自然保護…の全文を読む

  • ページの先頭へ

山の落とし物

仕事として借りている山林の地主さん夫妻の家を訪ねたときに、そこの奥さんが携帯電話のカメラで撮影した「動物の糞」を特定してほしいと画像を見せてくれました。 その「糞」は、色はかぼちゃのように黄色く、形は太短くて感嘆符のよう …

» 山の落とし物…の全文を読む

  • ページの先頭へ

となりのツキノワグマ

ツキノワグマは、森の動物です。 森で生まれ、森で育ち、その森を守りながら生活しています。 そのツキノワグマの住空間である森が「荒廃」していると現代人は言っていますが、そんなことはけっしてありません。 「荒廃」とは林業を経 …

» となりのツキノワグマ…の全文を読む

  • ページの先頭へ

シジュウカラの子育て

シジュウカラという野鳥をご存じでしょうか。 黒い帽子に白い頬。 都市の住宅街から公園、地方の田園から高原、森、林…、とにかくその気になってちょっと注意してみれば、シジュウカラにはどこでも出会えます。 おいら …

» シジュウカラの子育て…の全文を読む

  • ページの先頭へ