ポールキャスナー 薪ストーブのある生活

日本における草分け的存在が贈るカントリーライフの提案。薪ストーブにまつわる様々なストーリーをお届けします。

Trivet(トリベット)…縁の下の料理名人

トリベット無しのストーブクッキングなど考えることができない。
ストーブトップ・クッキングのためのこの五徳の見かけは地味だが、その実力は大したものでなのである。
シチューやカレーを弱火で調理したいのに、ストーブの火力が強すぎるとき…どうやってその火力を下げたらいいのだろうか?
そんな時には、ストーブトップの火力が弱い場所にポットを移動すればいいかも知れない。
でも、一月の寒い夜のストーブトップには、火力の弱い場所などどこにもないだろう。

わたしは、“バーモント四季トリベット” を愛用している。
なぜなら、この四点セットのトリベットは“重ね使い”ができるからである。
普段は一枚で充分だが、火力が強すぎるときには二枚でも三枚でも積み重ねてストーブトップの火力を弱めることができる。
トリベットを積み重ねることで、調理しすぎずに料理を保温しておくことも。

また、四枚のトリベットを四角く並べて、幾つもの小さなポットを置くこともできる。わたしはトリベットを焼き網に見立てて、その上でトーストやお餅を焼いたりもしている。
ストーブの温度が低いときや夜通しトロトロと燃えるときには、トリベットをフードドライヤーとして活用するのも楽しい。
リンゴをスライスしてトリベットの上で乾燥させ、ハイキングのためのスナックを作るのだ。
トリベットの下にアルミホイルを敷いて、スライスしたリンゴを乗せて眠りにつく。朝には、ドライアップルができあがっている。

“ストーブトップ・カプチーノメーカー”でコーヒーをいれるときには、コーヒーの噴射ノズルの下に琺瑯のポットを置く。
この時、加熱したポットに噴出してくるコーヒーが弾けて焼けてしまうことがある。で、わたしはポットの下にトリベットを置き、ポットに数滴の水を入れておく。
テーブルの上に熱いポットを置けば、天板を傷めてしまう。
トリベットは食卓での鍋敷きとしても大いに役立つ。
これは私がストーブの部品で作った“グレイトバーモント トリベット”。

ほとんどのトリベットは鋳鉄製だが、わたしは溶岩で作られた真っ平らなそれを幾つか持っている。溶岩は鋳鉄のそれよりも熱吸収に優れている。
で、コーヒーのマグカップを温めておくのに使っている。

トリベットは、アメリカでは長い歴史を持ち人々に親しまれてきた道具だ。
トリベットのコレクターもいて、いろんなスタイルやジャンルのそれがある。
その多くは、18世紀にポピュラーだったデザインのリプロダクションである。
なかには、家紋をデザインした日本製の面白い物もある。
トリベットは、ストーブリビングをよりよく楽しむための道具だ。

大好きなわたしのトリベットは、こう言っている。
「キスは長続きしないが、料理はそうではない」と。
素敵な料理は、素敵なキスよりも夫婦の関係を長持ちさせるという意味!

 


 

Trivet

I can’t imagine using my stove without a trivet. This is something really useful. When making a stew or curry when a roaring fire is going how do you lower the temperature to simmer? One way is to move the pot to a cooler part of the stove top. But when the fire is hot on a cold January night there isn’t any spot cool enough.

I like to use the 4 season trivet because I can stack them one on top of the other. Usually one is enough but If the top is really hot I might stack them 2 or 3 high. Also stacking them keeps the food warm without over-cooking. You can put these trivet together to form a square which gives a large area to put several small pots on. I can use them to cook toast or Mochi putting the food directly on the trivet and use them as a grill. When the heat of the stove is low and the fire is on “overnight” mode I use the trivet for drying food. I might slice up some apples and dry them for hiking snacks. I place a sheet of aluminum foil under the trivet and place the apple slices on top a go to bed. In the morning they are all dry.

When I make coffee using my stove top cappuchino maker put an enamel pot under the spout. The problem here is by the time the coffee comes out the pot is really hot and the coffee will burn when it hits it. I simple put a trivet under the pot and a few drops of water inside to keep it cool.

Trivets are also useful on the table top. If you put a hot pot of food on the table you will ruin the surface. The trivet will protect the table. I have a large trivet I made from a stove part which is very useful in the kitchen as well as on the stove.

Trivets have been around for a long time in America. The are trivet collectors and lots of different styles and genres. Many are reproductions of popular designs from the 18th century. There are also many interesting designs made in Japan which can be traditional (kamon) or very modern.

Most trivets are made of cast iron. I have some trivets made of lava stone. It is just a flat rock. It soaks up more heat than the iron trivets. I use them to keep my coffee mugs warm.

Trivets are important tool for stove living and enjoyable as well. One of my favorite trivets says “Kissing Don’t Last, Cookin Do” Which means a good cooking lasts longer than good kissing, Cute!



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内