すずきみちよ 薪ストーブでおうちごはん

アウトドア料理コーディネーター鈴木道代によるシンプルな素材が生きる「おうちごはん」レシピ

白菜のクリーム煮

薪ストーブ料理-白菜のクリーム煮

 

 

あけましておめでとうございます。
どんな出来事が詰まった一年になるのでしょうか。
今年もよろしくおねがいします。

年末年始いかがお過ごしでしたか。
暮れには例年通りストーブトップに鍋をいっぱい乗せておせち料理を作りました。
ただ、風邪と熱で定番の鮭の昆布巻きはパス。
やむなくスーパーの市販品を買ってきたのですが、やっぱり手作りすればよかった・・・かな。
どうしても味が濃いですものね。
ご飯には合いそうなのだけど、うちの正月は餅とお酒!なのでチョットね。
来年はがんばります。

クリスマスイブには鶏もも肉をダブルプレイグリドルで焼きましたよ。
いつもスキレットで焼いていたのですがこちらはたっぷりと大きく、
アンコールの炉内いっぱいオーブンに変身します。
縞々に付いた焼き目がおいしそう。
もちろんジューシーで香ばしく最高のお味でした。

いま家にある野菜はとにかく白菜・大根!
どこからも「ある?」の声が飛び交い、頂きもので在庫いっぱい。
白菜漬けやたくあんにして保存もします。

日々の料理はほぼこの二つの野菜。それと前にもらっている里芋と人参など少々。
カレーにも大根、白菜はトロリとルウに馴染んで良く合いますよ。

今日は目先を変えて洋風に。
クタッと煮える白菜はクリーム系もおいしいですね。
陰陽料理の重ね煮(豆乳のクラムチャウダー参照)をしてから豆乳を加えトロミをつけるだけ。
野菜の甘みが優しくて娘も大好き。
出来上がりにおろし生姜とごま油を加えると中華風に変身しますよー。
こちらはご飯にも合うおかずになります。

 

 

白菜のクリーム煮

 

  • 白菜 …1/2個くらい
  • ホタテ缶 …1缶
  • 豆乳 …1リットル
  • 水 …100㏄くらい
  • 塩 …適量
  • こしょう …少々
  • 片栗粉 …大さじ1くらい
  • ごま油、生姜 …お好みで

 

 

1.薪ストーブは強めに焚いておく。
2.白菜はダイナミックに3cmくらいの輪切りにする。

3.葉の方からキッチンダッチオーブンにギュッと敷き詰めていく。

4.重ね煮なので葉が下、動物性のものが上なので、白菜の上にホタテ缶を汁ごと空けて塩小さじ1を振る。

5.呼び水を加えてストーブトップの一番熱い真ん中の煙突寄りへ。

6.40分くらいで煮えて来たところで豆乳を入れ煮立てないように温め、塩こしょうで味を整える。
クリーム系はしっかり塩をきかせるとおいしい。

7.水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。

畑の大家さん、すどう農園さんのおいしいパンも焼いて。
たっぷり作って中華風アレンジも是非どうぞ。

 

 

 

薪運び

寒い日が続いて薪をどんどん使っています。
いつも「こんなに使ってしまって大丈夫?」と不安に駆られるこの時期。
でも毎年悩み無用!と言い聞かせ、たっぷりとアンコール君の中へ。

実際1年で年末年始のこの時期が一番寒い。
昔は2月が一番寒いのかなぁと思っていましたが、
この里山に越して日々の移ろいを感じる生活を始めてから、2月は春めいてくるなぁと実感します。
陽射しの温もりが少しずつ変わってくることに昔は気づいていなかったなぁ。
そして1月後半から薪の消費もだんだん減って来るのです。

だから薪のストックはきっと大丈夫。
でもそのたくさんの薪をどうやって運ぶか。それが問題。
薪は良いものほどとっても重い。
皆さんのお家ではどなたが薪を運んでいるのかしら?
うちは朝ストーブに火を入れるのも、夕方薪のストックを足すのも私が絶対多い。(だよね?)

たくさん運びたい時は薪置き場からネコ(手押し車)にいっぱいに積んで、
デッキに置いたウッドホルダープラスカート(Ⅰ)に移す。

このウッドホルダーよくできていてタイヤが付いているので斜めにして引っ張ることができます。

デッキと家の段差には板を置いてスロープにしてヨイショっと引っ張り上げて家の中の定位置に。
これが重くてヤレヤレなのだけどこれだけ沢山あるとちょっと安心。

今シーズンにファイヤーサイドさんで購入した薪バッグ、ファイヤーサイドログキャリーもかなり便利。

自立するし、とにかく大きいので地面においてほいほい薪を入れられるし、
担いできて部屋の隅に置いておいても邪魔にならないデザイン。
モンベルとの共同開発のオリジナルみたいですが、さっと運びたいとき便利で最近はこればかり使っているかも。

お友達の作ってくれたログキャリーも愛用。

こんなかわいいデザイン今までになかったでしょう?
ハンドメイドとキットのお店TrefleVertでイベントの時購入。
今もオーダーすれば作ってくれるかな。

焚きつけに使う細い枝は庭先の雑木林で犬の散歩中に拾ってきます。
冬になって葉が落ちた林の中は木漏れ日が暖かくて地面はふかふかでいい気持ち。

犬のナッツは動物の気配を嗅ぐのに夢中です。

薪が家の中にあるとほっと一息。
寒い中取りに行くのちょっとめんどくさいですものねー。
でもこれもほんの少しの気分転換になるし、エネルギー消費を実感できる貴重な機会かもしれません。



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

コメント

  1. さっそく作ってみました!
    白菜が甘くて、くたくたのトロ?リがおいしーい!!
    片栗粉が無かったのでサラっと系のスープになりましたが、
    残りは翌朝のスープとなり大満足の一品でした。
    ストーブに載せとくだけで出来ちゃうのも嬉しいですね。
    我が家の冬メニューに加えさせてもらいます^^

  2. さっそく作っていただいてありがとうございます。
    このコラムのレシピを見て本当に作ってくださる方がいるんだなぁと
    あらためて嬉しく思い、気が引き締まる気持ちです。
    でもおいしくできた様でよかったです。(ホッ・・・)
    といっても、薪ストーブとダッチオーブンが勝手にやってくれるん
    ですけどね。
    白菜は甘みがあるので煮込むとおいしいですよね。
    小松菜やチンゲン菜でもおいしくできますよ。ぜひお試しくださいね。

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内