すずきみちよ 薪ストーブでおうちごはん

アウトドア料理コーディネーター鈴木道代によるシンプルな素材が生きる「おうちごはん」レシピ

スペアリブの鍋焼きバーベキュー

 

まだ薪ストーブにはちょっと早い季節。
でも薪焼きのこんがりバーベキューが食べたくなったら…。
熾きになるまで薪ストーブを高温にしなくてもできる、
スキレットを使っての鍋焼きバーベキューがおススメです。

これなら薪に火をつけて直火ですぐ焼けるので、
部屋は暑くならないのに炎と薪焼き両方のおいしさが楽しめます。
甘めのソースにつけ込んで香ばしくジューシーに焼き上げたスペアリブ、
季節を問わず味わってみてください。
 

 

  • スペアリブ     ・・・ 骨付きで約1kg      
  • 特製ソース     ・・・ 玉ネギのすりおろし、ケチャップ、ソース、醤油、蜂蜜、にんにくetc.
  • 好みの野菜     ・・・ 菜園のピーマン、パプリカ、なす等  

 

 
 


玉ネギのすりおろし、ケチャップ、ソース、醤油、蜂蜜、
自家製梅ジュース等を思いつくまま混ぜ合わせて甘めのソースを作り、
15分ほどスペアリブを漬け込んでおく。

クッキングスタンドをセットし、薪ストーブに火をつける。
炎は大きすぎない程度に、でも熾き火状態まで待たなくても大丈夫。


スキレットにまずスペアリブのみを並べフタをして炉内に入れる。


10分ほどして下側がこんがり色づいたら裏返す。


食べやすい大きさに切った野菜も乗せる。
今度はフタをしないで炉内に入れ焼き上げる。(約10分)


最後に残った漬け込みソースを回しかけ、
ちょっと焼いたらアツアツをかぶりついて!!
 

夜はもうすっかり涼しくなって薪ストーブの温かさが恋しくなってきました。
ちょっと前まで暑い暑いと言っていたのに、
薪ストーブのお休み期間ってほんのちょっぴりですね。
菜園の方も今回料理したピーマン、ナスなどの夏野菜が残り少々…。
秋蒔きの大根、菜っ葉類を蒔きながら冬の準備です。
さぁ薪の用意も整えなくては、ですね。



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内