すずきみちよ 薪ストーブでおうちごはん

アウトドア料理コーディネーター鈴木道代によるシンプルな素材が生きる「おうちごはん」レシピ

ココナツチキンカレー

薪ストーブクッキング-ココナツチキンカレー

今日はフリーペーパー“とれぼーの”の取材の方が来てくれました。
私たちのアウトドアライクな暮らしぶりを紹介してくださるとのこと。
薪ストーブから庭の炉、菜園までたくさん写真を撮っていかれました。

それでは薪料理でおもてなししなくてはと、カレーとナンをクッキング。
あまり時間がなかったので市販のカレーマサラで簡単に。
でも薪焼きのナンがあれば完ペキです。
ナンはピタパンの生地を手で形作りながら伸ばし、炉内で焼き上げます。

 

 

  • 鶏手羽元 ・・・ 6本
  • 玉ネギ     ・・・ 1個
  • じゃがいも    ・・・ 2個
  • マドラスカレーマサラ ・・・ 1袋
  • ココナツミルク     ・・・ 1缶
  • 油     ・・・ 適量
  • ナン(3月号で紹介したこちらのピタパンを参照してください)

 

 


薪ストーブは強めに焚き、スライスした玉ネギを炒め、カレーマサラを加える。


鶏肉、角切りのじゃがいもを加え、炒め合わせる。


ココナツミルクを入れ煮立たせる。


鍋の蓋をして30分くらい煮込んで完成!

次に、炉内でナンを焼きます。

クッキングスタンドをセットしてスキレットを乗せ、強火で両面を焼く。
少し焦げ目がつく位まで。


ココナツ風味のチキンカレーにナンを添えて。
“とれぼーの”取材班の方にもおいしいと言って頂きました♪ 


“とれぼーの”は全国スーパーなどで25万部配布されるとか。
7月号、ぜひお手に取ってみてください。

 

取材を受けると私たちのライフスタイルへの経緯から未来のこと、今の自分たちのスタンス…様々なことを質問されるので悩んでしまう反面、今までを振り返ったり、気持ちを整理したりするよい機会となっています。
ライターの方もとても聞き上手でほめ上手でうれしいし。
いつも思うのは、人との出会い・つながりのままに、その時々の流れに任せて、
ある時は背中を押されるようにやってきたら、今の私たちがいるということ。
“今ココ”を大切に。
このクッキングの連載も大切な出会いあってこそ。感謝です。



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内