すずきみちよ 薪ストーブでおうちごはん

アウトドア料理コーディネーター鈴木道代によるシンプルな素材が生きる「おうちごはん」レシピ

ピーマンの肉味噌詰め焼き


 

 

 

夏。畑は草の海。
その中でたくましく育っている我が家のお野菜たち。
いろんな野菜の苗を少しずつ植えて毎日ちょっとずつ収穫するマイお野菜箱。

そんななか農家の友達からピーマンをたくさん頂きました。(写真はその一部)

これだけたくさん採れるということは暑い中どれだけお世話が大変なのでしょう。
他人の分まで食料を作ってくれる農家さんのありがたさを忘れてはいけません。

そう、ピーマンの肉詰めはピーマンがどっさり採れる時期だけの特別なお料理。
たまにクリスマス料理でピーマンとトマトのファルシなんていって
肉詰めのレシピを見ることがあるけれど、
菜園をやっている私から見ればなんだか変?
トマトもピーマンも真夏のギラギラ太陽をあびたこの時期限定の野菜だから。

キュウリだって今は困るほど採れるけれど、漬物にしたりしてせっせと食べる。
うちのキュウリはどこのより甘くておいしい。
だから冬には食べない。
スーパーで買ったのはおいしくないもの。
でもトマトとキュウリとレタスのサラダはどこでも年中あふれてる不思議。

おかしいなぁ、変だな?と思うには何から始めればいいのかな。
おいしい野菜が好きな人は都会でもコンテナガーデンを始めてみるといいと思います。
石油をいっぱい使ったハウスピーマンのファルシを食べる前にね。
とびきりのフレッシュ野菜が食べられますよ。
そして野菜の値段が高いと思わなくなるかも。

そして今日の肉詰めはみそ味に。
ピーマンとナスで甘味噌炒めをよくするでしょう?
そこからヒントを得たんです。
思ったとおりピーマン苦手になってきた娘もパクパク食べてくれました。
薪オーブンでよく焼くとピーマンが甘~くなりましたよ!

 

 

 

ピーマンの肉味噌詰め焼き

 

  • ピーマン …12個
  • 豚ひき肉 …350グラム
  • 玉ネギ …1個
  • 卵 …1個
  • 味噌 …大さじ4くらい
  • みりん …大さじ2
  • 砂糖 …小さじ1
  • 地粉 …少々

 

 

1.ピーマンは縦半分に切って種を取り出す。玉ネギはみじん切りにする。

2.肉味噌だねを作る。ひき肉をボウルに入れて玉ネギ、卵、味噌など調味料を入れてよく混ぜる。

3.ピーマンとたねが剥がれないよう地粉を振る。

4.肉味噌だねを詰め、上からも地粉を振る。

5.ダブルプレイグリドルに油をひき、肉の面を下にして並べる。

6.軽く焚いたストーブの火で焼く。

7.おいしそうな焦げ目がついたら、革手袋をしてトングでひっくり返す。やけどに注意。

8.ピーマンにもお肉にもしっかり火が通ったら出来あがり。
フライパンで焼くよりお肉がジューシー&ピーマンは甘くて断然おいしい!!

使用ストーブ » バーモントキャスティングス  アンコール
クックウェア » ロッジ  ダブルプレイグリドルクッキングスタンド

 

 

時を越える夏休み

子供のころの夏休み。
みなさんおぼえていらっしゃいますか。
思い返すとひたすらプールに通った気が…。

横浜の団地で育った私。なので近所に子供はたくさん。
大きい子から小さな子まで一緒になってよくあそびました。
団地内にある雑木林の公園にクワガタ取りに行ったりも。

子供を育てるということは、子供時代を追体験することでもあるんだなぁと最近よく感じます。
娘が小さい時は子育てをしながら自分の母の思いを感じることがよくあったけれど、
娘が小学生になった今はちょっと変わってきました。

自分が小学生のときの記憶があるので、
なんだか自分がタイムマシーンに乗ったように時を越えていくことがあります。

プールへと続く長い坂道、ねだって買ってもらった踵の高い赤黒の水玉のサンダル、
昼寝した畳のひんやり感、盆踊りの夜店・・・キラキラした子供だけの時間。

私はどんな子供だったのだろう。
人前に出るのは苦手だけど外で遊ぶのは好き。
暗くなるまで友達と遊んでた。
本も大好きだったなぁ。
子ども会や親と行った山のキャンプ、海のキャンプ。
あの時の楽しさが今の暮らしに繋がっているんだろうな、きっと。

愛情あふれる大人たちの視線の中でいろんなこと経験して(いたずらもね)タダシク子供時代を過ごす。
そしてとにかくいっぱい遊ぶと、カラダとココロに大事なものがどんどん満ちていくのでしょう。

それにしてもうちの娘見てても子供はホント泳ぐのが好きですね。
海やプールに入るとずっと出てこない・・・。

一緒にプールに通って見ていると、
ちょっと太目で運動苦手そうな子供達もみんな楽しそうにジャブジャブしてる。
赤ちゃんのときお腹のなかで泳いでいたから基本的にヒトは泳ぐのが好きなのかな。
水着姿が恥ずかしくなくなるまではね。

水に浮かんだ時の開放感が私も大好き。
でも大人になってこんなに泳ぐようになるとは思わなかった。
シーカヤックを始めたからかもしれないなぁ。
でも一番は娘のおかげ。

子供をだしにして海に川にプールにと娘と一緒にほとんど焦げてます。
昔の私と違うのは畑の世話、田んぼの草取りがプラスされていることかな。
チョウチョとりもカブトムシ探しも家のすぐ前で出来る娘がうらやましい。

帰ってくると虫取り網とカゴを持ってあっという間に消えていくのが、
あぁ小学生の夏休みだなぁ~と感じます。

夏休みももう少し。
子供たちよ遊べー!♪

 



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内