すずきみちよ 薪ストーブでおうちごはん

アウトドア料理コーディネーター鈴木道代によるシンプルな素材が生きる「おうちごはん」レシピ

甘さひかえめ豆乳プリン

 
プリン、それはみんなが大好きな幸せになれるおやつ!

薪ストーブにお湯が沸いていれば思いたってすぐ出来ます。
薪ストーブのやわらかい熱で蒸しあげた、やさしい味をどうぞ。
 

 

  • 4個分
  • うちの鶏の美味しい卵     ・・・ 2個
  • 豆乳     ・・・ 300cc
  • 砂糖(今回はビートグラニュー糖。なければてんさい糖)     ・・・ 30g
  • カラメル      
  • てんさい糖     ・・・ 40g
  • 水     ・・・ 小さじ2

 

 

薪ストーブは高温で焚いて、お湯を沸かしておく
(ストーブサーモメーターで350℃ぐらい)。


1.カラメルソースを作ります。
鍋にてんさい糖と水小さじ1を入れ、ストーブトップで熱する。
てんさい糖が溶けてこげ茶色になるまで熱したら、
水小さじ1を加えて火を止め、固まらないうちに型に入れる。
同時に豆乳に砂糖を入れて温めておく。


2.ボウルに卵を溶き、①の豆乳を少しずつ加えながら混ぜ合わせる。
混ぜたら、茶漉しなどを通して濾しておく。


3.型に入れた①のカラメルの上に②の卵液を流す。


4.蒸し器で蒸す。
※目安…強い蒸気で表面が固まるまで(約5分)蒸した後、
蒸し器をストーブの中央からずらして弱い蒸気が出るようにし、
15分ぐらい蒸す。(強すぎるとスが入る)


5.固まったら荒熱を取り、冷蔵庫で冷やして召し上がれ!
今回は木いちごをたっぷり添えました。
そして、③の段階で木いちごを入れたものと2種類作ってみました。

 

木いちごがたくさん採れています。
散歩の途中にハッと見つけては夢中で採るので、鋭いトゲで腕中引っ掻き傷が…。
2歳の娘も、見える限りの赤い実を採っては食べつくします。
以前はジャムにする余裕もあったのですが…。

でもそのままお口にポン!が一番おいしいですよね。
今回プリンに入れてみるとプチプチした食感が、
また違った味わいのプリンになりました。

初夏、山の庭の果実は今が旬!
ゆすらウメ、グミ、フサスグリ・・・これからは桑の実が赤くなってきます。

 



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内