すずきみちよ 薪ストーブでおうちごはん

アウトドア料理コーディネーター鈴木道代によるシンプルな素材が生きる「おうちごはん」レシピ

簡単スモーク

簡単スモーク

夏の夕暮れ、ヒグラシが鳴いて涼風が肌に心地よくなってくる時分、
薪ストーブで少し火をいじるのもいいものです。
残りかけのおきにスモークチップをパラパラしたら簡単なスモーク風おつまみができるのでは?
と試してみました。

 

 

  • 刺身用トラウトサーモン
  • ゆでダコ
  • チーズ
  • クレイジーソルト
  • スモークチップ(市販のもの、まはたカンナ屑など)
  • その他そのまま食べられて温燻にも向いているもの

 

 


薪ストーブはごく弱く焚く。もしくは残りかけのおきを利用する。
クッキングスタンドをセットしておく。


サーモン、ゆでダコにクレイジーソルトを多めに振って30分くらい置いて水分を抜く。


両端に寄せたおきにスモークチップをパラパラと振りかけ、網に乗せた食材を軽くスモークする。
ダンパーは閉じる。


チップを足しながら30分から1時間スモークし、好みの香りがついたところでできあがり。

 

みはらしプレーパークという子供の野外遊びの会をやっています。
毎回のお楽しみは焚き火で持ち寄り鍋。
今は裸火をいじったことのない子供がほとんど。
親の方が「危ないから!」と止めたがるんですよね。
でも赤ちゃんから小学生、大人まで本能なのか炎の魅力は必ず伝わって、
焚き火番をする子がひっきりなしに火の世話をしています。

「ケガとべんとう自分もち」が合言葉。
少しのケガをして体で覚えておけば、大きな事故にはつながらないと思うんです。
火を扱う能力、子供たちにもきちんと伝えたいな。



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内