Dandelion Celebration タンポポのオムレツ

英国の著名な劇作家であるバーナード・ショウはこう言っている。 「神に出逢いたければ庭を探せ」 バーナードは孤独を好んだ作家だった。 彼の電話は呼び出し専用で、外部からかかってくることはなかった。 彼は庭に一坪ほどの小屋を …

» Dandelion Celebration タンポポのオムレツ…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Spring of cold mountain 寒山の春

高冷地に住む佳さの一つは、春がどのようにしてやって来るのかを、じっくりと見守れることだ。 人は季節を四分割して、春夏秋冬と名付ける。 人は、何かにつけてケジメを付けたいのだ。 なぜかと言えば、区切りをつけることで、人は前 …

» Spring of cold mountain 寒山の春…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Smoke cookery in the garden 「薪焚き人の薫製術」

クロスカントリースキーには遅すぎ、渓流釣りには早すぎる三月。 冬用の厚い靴下を履いていようか、それとも薄手のそれにしようか、いつも迷う三月。 残雪の野面を渡る風は冷たいが、さりとて家に閉じこもっているには陽光が明るすぎる …

» Smoke cookery in the garden 「薪焚き人の薫製術」…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Fire woods 「人生いろいろ、薪もいろいろ」

薪小屋の薪山が日毎に低くなっていく。やがて一山二山と消えていく。 秋には軒先からはみ出すほどに積み込まれていたのに、 今は軽自動車を収納できるほどのスペースができてしまった。 哀れ薪山の薪。燃えゆきて儚し。 されど、それ …

» Fire woods 「人生いろいろ、薪もいろいろ」…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Winter of Woodstove enthusiast 「薪焚き人の冬」

寒い山の冬はロマンチックだ。きみのことだけを思っていればいい。 冬はきみのこと以外は何も考えられなくなる。だから、冬は何処へも行かない。誰にも会わない。 冬はずっときみと一緒にいる。冬の寒山は誰もやってこない孤島だ。孤立 …

» Winter of Woodstove enthusiast 「薪焚き人の冬」…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Faith in a tree 「樹木への信念」

「わたしは大きな樹です。夏には涼しい木陰を投げかけ、冬には北風を遮ります。 わたしは二酸化炭素を食べて、酸素を大気に放ちます。 わたしはその二酸化炭素を炭素として木質に固定化します。 木材は、わたしが固定化した二酸化炭素 …

» Faith in a tree 「樹木への信念」…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Beyond a dream  「夢の彼方へ」

季節は秋で天気もよかった。トラックに夢を満載して大都会を後にした。 ミズナラのドングリが、赤いトタン屋根に落ちる日に引っ越してきた。 ここが私のベースキャンプ。すぐ側に岩魚泳ぐ渓流が流れていて、夏にはクライマーで賑わう岩 …

» Beyond a dream  「夢の彼方へ」…の全文を読む

  • ページの先頭へ

薪ストーブとメンテナンス

空の色がライトブルーに変わった。空気が澄み渡ってきた。白樺と山桜が色付きはじめた。 花々はまだ咲き競っているが、その花あしらいは夏の名残。 寒山の夏は束の間の夢のよう。去っていく夏の後ろ姿は愛しい。 だが、夢のいた川の流 …

» 薪ストーブとメンテナンス…の全文を読む

  • ページの先頭へ

薪ストーブと政治

  ルドベキヤは笑ってる。エキナシーヤは澄まし顔。ベルガモットははしゃいでる。 それから、百合と松虫草に朝顔。黄色、赤、紫、白…花々は咲き競い蝶たちが舞っている。 クジャク蝶、ミドリヒョウモン、ス …

» 薪ストーブと政治…の全文を読む

  • ページの先頭へ

寒山曼陀羅壁画

2年分の薪を作った。 1年分はコールドマウンテン・ボーイズ”の力を借りて一気呵成に。後の1年分は独りで黙々と。 A time to keep. 継続すべき事。人それぞれの年中行事。 庭の焚き火でバーベキューを …

» 寒山曼陀羅壁画…の全文を読む

  • ページの先頭へ