Belove your tools 我が庭の道具

5月20日に郭公が啼いた。 ♪カッコー、カッコー。「もう霜はないよ、野菜の苗を植えてもケッコー」。 郭公が、そう歌った。 で、トマトと胡瓜とピーマンと鷹の爪と、それからセロリの苗を定植した。 5月23日は雨催いになった。 …


Warning: getimagesize(/tabuti/files/t201105_01.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fireside-essay2/www/wp-content/themes/morikara/content.php on line 25

» Belove your tools 我が庭の道具…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Be Rustic 素朴であれ

ピー、ピー、ピー。 「春はこっち、こっち。さあー、通って、通って」。 ピー、ピー、ピー。 「冬はあっち。まだ雪を頂いているあの高山へ」。 ゴジュウカラが、ホイッスル吹いて交通整理してた。 そのゴジュウカラが口笛を吹かなく …


Warning: getimagesize(/tabuti/files/t201104_04.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fireside-essay2/www/wp-content/themes/morikara/content.php on line 25

» Be Rustic 素朴であれ…の全文を読む

  • ページの先頭へ

You’re secretive. 薪ストーブの秘密

春が遅刻している。冬が、意地を張ってるんだ。 アンコールとイントレピッドは、まだ忙しい。 ストーブトップに置かれたケトルで湯がたぎっている。 バードフィーダーに飛来する小鳥たちの羽音が、聞こえる。 雪が舞いはじめた。 ク …


Warning: getimagesize(/tabuti/files/t2011_03_01.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fireside-essay2/www/wp-content/themes/morikara/content.php on line 25

» You’re secretive. 薪ストーブの秘密…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Waiting for Spring 春を待ちながら

一月は厳冬の日々がつづいた。氷点下19度まで冷え込んだ。 -15℃まで冷え込めば、夜通し薪を炊きつづけなければならない。 庭の薪山が日毎になだらかな丘になっていった。 貯金通帳の数字が目減りしていくような思いがした。 一 …


Warning: getimagesize(/tabuti/files/t201102_04.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fireside-essay2/www/wp-content/themes/morikara/content.php on line 25

» Waiting for Spring 春を待ちながら…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Once a tree 昔、1本の樹だった

木工術への通暁は、薪焚き人の人生に神託をもたらす……。 実をいえば、薪焚き人は「樹木という植物の何であるか」を、 日々体験的に学習している学徒として捉えることができる。 木を伐り、樹を割り、木 …


Warning: getimagesize(/tabuti/files/t2011_01_01.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fireside-essay2/www/wp-content/themes/morikara/content.php on line 25

» Once a tree 昔、1本の樹だった…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Making a fine job of it. 折り焚く枝木の記

木枯らしが吹き荒れている。 シベリアにいる冬将軍が、おもいっきり凍った息を日本列島に向けて吹きつけているんだ。 その風は日本海の上空で水蒸気をたっぷり吸い込んでから、寒冷な脊梁山脈に衝突する。 で、列島の日本海側に大雪を …


Warning: getimagesize(/tabuti/files/t2010_12_08.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fireside-essay2/www/wp-content/themes/morikara/content.php on line 25

» Making a fine job of it. 折り焚く枝木の記…の全文を読む

  • ページの先頭へ

How shall we deal with woodpile? 親友といかにつき合うか

 ミズナラの薪が気持ちよく燃えてる。 アンコールのダンパーを閉じて、吸気レバーを絞っても火力が落ちない。 オレンジ色の焔が楽しそうにスイングしている。暖かすぎて、セーターを着ていられない。 「乾燥した楢の薪はさ …


Warning: getimagesize(/tabuti/files/t2010_11_01.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fireside-essay2/www/wp-content/themes/morikara/content.php on line 25

» How shall we deal with woodpile? 親友といかにつき合うか…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Woodstove Visions 薪ストーブの夢

紅葉の季節。 木々の葉がシーズンの役割を終えて、すべてを土に帰そうとしている。 その間際に、木々の葉は紅に黄色にオレンジに燃える。 紅葉の色は、木の葉の緑が変色するんじゃない。 それは、光合成を終えた葉緑素が退色した後に …


Warning: getimagesize(/tabuti/files/t2010_10_03.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fireside-essay2/www/wp-content/themes/morikara/content.php on line 25

» Woodstove Visions 薪ストーブの夢…の全文を読む

  • ページの先頭へ

I make a fire. She begin to sing a song. 薪ストーブは歌う

山暮らしは秋。色づいた山桜の葉が庭に降ってる。鹿が鳴きはじめた。 「おしなべて ものを思わぬ者にさえ 心をつくる秋の初風」(西行) 南瓜とメロンを収穫した。霜降る前に鷹の爪とピーマンを取り込んだ。 いいぞ! アンコールが …


Warning: getimagesize(/tabuti/files/t-201009_01.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fireside-essay2/www/wp-content/themes/morikara/content.php on line 25

» I make a fire. She begin to sing a song. 薪ストーブは歌う…の全文を読む

  • ページの先頭へ

Home among the swinging trees 夏を数えて

木々の葉が重たく繁茂して、そよりともしない。 ツリバナの細い枝だけがかすかに揺れている。 深くて重たい緑は、その生長を止めた。 秋を待つ木立。 その樹間からこぼれてくる朝の光が綺麗だ。 陽が高くなってきて、谷風が山に向か …


Warning: getimagesize(/tabuti/files/coldmountain2010_8_2.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fireside-essay2/www/wp-content/themes/morikara/content.php on line 25

» Home among the swinging trees 夏を数えて…の全文を読む

  • ページの先頭へ