高橋みな 火のあるお料理とクックウェア探検

ウッドストーブクッキングアドバイザー高橋みなが楽しい料理と共にクックウェアの可能性に迫る!

Sweet Halloween Pumpkin! スウィート ハロウィン パンプキン

薪ストーブ料理-スウィートハロウィンパンプキン

 

 

それはいつのまにかやってきた。
空気は深くひんやりと落ち着き、秋の気配は夏の名残を追いやってゆくようだ。
日々枯れ葉色が私のまわりの景色を染め替えていく。
この時期、道を行くと刈り取った稲を、天日干しにする風景に出くわす。

こんな干し方や、

あんな干し方も。

洞窟に帰ってゆくようで楽しそうだ。

この粒ひとつひとつがおいしいご飯になるのよね。

目で見て、実りを確かめられる幸せを感じて胸がいっぱいになった。

10月31日は、アメリカのお祭り、「ハロウィン」がある。
かぼちゃでちょうちんを作って飾るのが慣わしとか。
そして、なぜかうちにもかぼちゃがごろごろところがっているのだ。
♪いもくりなんきん・・、なんきんはかぼちゃ。
天ぷらや煮付けに、ほっくりした甘みがよくあう。
栄養的にも抜群だ。
今回はこの「かぼちゃ」が主人公。

スイートポテトならぬ、スイートパンプキンに変身してもらいましょう。

 

 

 

 

  • 小ぶりのかぼちゃ …3個
  • 砂糖 …80g
  • バター …大さじ2
  • 卵 …1個
  • 牛乳 …大さじ2

 

準備

・ 用意するクックウェア:サービングポット10インチダッチオーブン
・大きめの薪を2~3本焚いて厚さ10~15センチくらいの量のおき火を作っておく。
クッキングスタンドを真ん中においておき火をまわりにしきつめる。

 

 

1.よく洗ったかぼちゃをサービングポットに丸ごと入れる。

2.50分~1時間、丸ごとかぼちゃの入ったサービングポットを入れ、ローストする。 

3.取り出して、竹ぐしを刺してすっと入るようになったら焼き上がり。

4.上部を包丁で切り取る。

5.ほくほくに火がとおったかぼちゃ。

6.種をとってから、お好みの「ジャック・ア・ランタン」の顔に切り取る。

落ち着くまでこのまま冷ます。

ストーブ炉内のおき火が残っていたらその上に木炭をばらばら置き、
火力がふたたび1時間もつようにする。

7.10インチダッチオーブンに2個、洗ったかぼちゃを入れる。

かぼちゃが緑の目に見えてきて・・、
“ブラックポット・モンスター”出現!

8.ふたをしたダッチオーブンをストーブ炉内にセット。

9.1時間たって、見ると、表面は真っ黒。

けれど中身はこんなにきれいな黄金色。

10.ボウルにかぼちゃを入れ、バターを混ぜる。

11.次に砂糖を入れて混ぜ、

12.卵もポトン、

13.牛乳大さじ2、を入れてよく混ぜる。

14.冷蔵庫で一休みさせてから・・
15.目鼻をつけたかぼちゃの容器にたねを入れる。

16.まだおき火の残っているストーブ炉内に入れ、
上部にところどころ焦げ目がつくまで焼いてできあがり。
薪ストーブ料理-スウィートハロウィンパンプキン

ケーキのように切り分けて、召し上がれ!
焼きたての熱いうちに食べても、
冷蔵庫でひと晩おいてひんやりしたところを食べても、どっちにしてもおいしい!
しっかりかぼちゃの風味が味わえる、秋にぴったりのデザートになりました。



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

コメント

  1. はじめまして
    薪ストーブ料理にチャレンジしたくて探していてこちらのページに辿り着きました
    薪ストーブの中にいれている、台はどこのものですか
    よろしければ、教えてください!

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内