包丁を研ごう。古きに戻ろう

実を言えば、刃物研ぎで一番厄介なのは“荒研ぎ”なんです。どんなに平らな砥石を使っても、刃先はどうしても丸っ刃になっていくものだ。そんなわけで、ここで“秘密兵器”を登場させたい。

» 包丁を研ごう。古きに戻ろう…の全文を読む

  • ページの先頭へ

頓馬な政治と切れない包丁は危険だ

  • ページの先頭へ

寒山梅雨徒然草

園芸家は長雨が嫌いだ。花壇の花穂が倒れてしまう。菜園の野菜が徒長する。こんな湿潤で日照時間の少ない雨期には、畝にストーブの灰を撒く。

» 寒山梅雨徒然草…の全文を読む

  • ページの先頭へ

我が庭の寓話

アホノミクスによる株価の乱高下から遠く離れて、わたしに憂いはない。金があっても心配な日本人。金が無くても平気なイタリア人とフランス人とタブチ君。気掛かりがあるとすれば、来年用の薪の丸太がまだ届いていないこと。それから、6月に降る雹。

» 我が庭の寓話…の全文を読む

  • ページの先頭へ

菜園家讃歌

人は、寒い山に住む者を哀れむ。「温暖な地に住む者こそが裕福なんだ」、と言わんばかりに。だが人は、寒い山里に訪れる春の歓びを知らない。

» 菜園家讃歌…の全文を読む

  • ページの先頭へ

薪焚き人とウッドワーキング

  • ページの先頭へ

薪ストーブの哲学的武装と薪コミュニケーション

  • ページの先頭へ

薪ストーブと湯たんぽ

  • ページの先頭へ

アマゾンの少数部族と、猫と小鳥とアンコール

  • ページの先頭へ

祈りとしての薪ストーブ

  • ページの先頭へ