カテゴリー:[焚き火]の記事一覧

焚き火とトレイル

なんて、美しいんだろう。デジタルのディスプレイばかり見つめていた眼と脳が、癒されていく。焚き火は心と眼のサプリメントかもしれない。

» 焚き火とトレイル…の全文を読む

  • ページの先頭へ

犬と猫の散歩

じつは猫が苦手だった。犬は大好きだけど、何を考えているのかわかりにくい気まぐれな猫は敬遠していた。そんな僕が猫を飼うことになったきっかけは、ネズミである。

» 犬と猫の散歩…の全文を読む

  • ページの先頭へ

オープンデッキ再建の道 〜解体編

  • ページの先頭へ

笹ハウス炎上

若き茅葺き職人のHリーが製作した笹ハウス。彼がとんでもないことを言い出した。「笹ハウスを燃やしちゃいたいんですよ」。

» 笹ハウス炎上…の全文を読む

  • ページの先頭へ

笹ハウス

夏休みのある日、Hリーは子供たちとともに笹ハウスづくりにとりかかった。子供たちにとっては、秘密基地を作っている愉快なお兄さんなのかもしれない。

» 笹ハウス…の全文を読む

  • ページの先頭へ

今年の冬もここで火とともに

  • ページの先頭へ

森のブランコ

  • ページの先頭へ

わが家のどんど焼き

集落のどんど焼きほど大がかりではないが、わが家でもどんど焼きを行うことにした。1月7日。チームシェルパの仲間たちや常連客たちが集まって準備がはじまった。

» わが家のどんど焼き…の全文を読む

  • ページの先頭へ

秋の夜長の外メシ

外メシのおいしい季節がやってきた。火が恋しくなって食欲も増す秋の夜長の外メシは格別だ。娯楽性も含めて最も楽しめる鉄板料理は、餃子である。

» 秋の夜長の外メシ…の全文を読む

  • ページの先頭へ

スロー・コーヒーの時間

コーヒー好きの僕は、ときにコーヒーの生豆を焚き火や炭火で自家焙煎したりもする。火と向き合って焙煎している時間が楽しいし、燻されて漂うコーヒー豆の香りを嗅いでいるだけでも満足感が得られる。

» スロー・コーヒーの時間…の全文を読む

  • ページの先頭へ