マリー・デジャルダン 薪ストーブは私のキッチン Marie Desjardins Ma cuisine. Mon poele a bois.

カナダ生まれのマリー・デジャルダンによるレシピ集 薪ストーブのあるサンルームで過ごす時間は何よりの宝物!

Lunch pour les vacances 夏休みの軽食

夏休みに入ると、時間の余裕がありますので、家族でごはんを作るのは楽しいです。
今回も薪ストーブに参加してもらい、みんなにカラフルで体にやさしい夏らしいランチを紹介しましょう。

 

Québecの夏休み

Québec(ケベック)のサマーバケーションは6月中旬から8月の終わりまでです。
日本と比べて長いですが、夏を味わえるのはその間だけです。

楽園のような花畑、新鮮な野菜、
とりたての果物を口にする時は、本当に幸せを感じます。

夏休みのお昼は家族が全員そろうので、
ゆっくり時間をかけていただきます。

 

薪ストーブで RAW FOOD(ローフード)

今回は、パイナップルとライ麦のパンが登場します。
石垣島に住んでいる家族から送られたパイナップルはとても甘くジューシーです。
パンは近くの自然食屋さんで売られているドイツのプンパーニッケルです。
形は屋根のタイルに似ているから、私と娘は「タイルパン」と呼んでます。

この作業はお昼を食べる前日に行う。
パイナップルの皮を包丁でむいたら、残りの部分をキレイに切り落とす。
薄くスライスして網にのせる。

薪ストーブに少しの木を燃やし(小・中)、45℃前後になるようにして、
パイナップルのスライスとタイルパンをのせた網をセットしてドアを閉め、
約12~24時間ほど乾燥させます。

p.s.この調理の仕方はディハイドレーターよりヒントをいただきました。

冷めたタイルパンをコーヒーミルに入れ、スイッチを押し、粉にする。

使用ストーブ » バーモントキャスティングス  アンコール

 

食べられる野菜畑

材料

  • 【野菜ディップ】
  • クリームチーズ …200g
  • マヨネーズ …150g
  • ドライオレガノ …大さじ1
  • ドライセロリ(葉っぱ)…大さじ1

全ての材料をなめらかになるまで混ぜ、細長いソーサーに移す。
パンの粉を全体にふりかける。

小さな野菜を並べ、食べられる野菜畑の出来上がり!
今回はマッシュルーム、プチトマト、水菜、パプリカ、オクラを使用。
※ラップをすれば冷蔵庫で2~3日OK!

 

パイナップルのレアチーズパイ

材料

  • ココナッツサブレ …25枚(約140g)
  • バター …80g
  • クリームチーズ …200g
  • はちみつ …60g
  • 生クリーム …200cc
  • レモン汁 …大さじ3
  • 粉ゼラチン …小さじ3

【下準備】
・バターを室温に戻す。
・クリームチーズも同様に。
・大さじ3の水にゼラチンをふやかしておく。

作り方

1.台を作る
サブレを厚めのビニール袋に入れ、棒で細かく砕き、
バターを入れて、全体を混ぜ合わせる。
※型に伸ばし平らに押し付ける。

2.生地を作る
ボウルにクリームチーズを入れ、泡立て器で混ぜ、なめらかになったら、
はちみつ、生クリーム、レモン汁を加えよく混ぜる。
ゼラチンを溶かして加え、混ぜる。
台の上に流し込んで、冷蔵庫で2時間ほど固める。

パイナップルの残りをまな板の上でクラッシュしたら固まったパイにのせ、さらに400ccのホイップ(材料外)をのせ、さいごに花の形をしたパイナップルとミントを飾り、完成!

 

ガトー・サンドイッチ

今回たくさんのクリームチーズを生かしたランチにしたいと思って・・・
メインディッシュに、『マリーのケベック田舎料理』の13ページ「ガトー・サンドイッチ」をもう一度紹介します。

この時は、やわらかいパンにクリームチーズとマヨネーズを半々に混ぜ合わせたものをデコレーションしました。

今回は、フランスパンを使ったのでデコレーションなしですが、そのままでも可愛くておいしそう。
実際にとてもおいしく出来ました。

作り方

丸いフランスパン2コをそれぞれ4枚に切る。
切った面にバターを塗っておく。

一段目に、むかしかぼちゃとゆで卵、マヨネーズ&塩・コショーを、すべてフォークでマッシュ。
二段目にむかしかぼちゃの皮と茹でて刻んだホウレンソウ、グリーンケチャップ、マヨネーズを合わせたもの。
三段目にシーチキン、刻んだネギ、塩・コショー、マヨネーズ、パプリカの粉を合わせたもの。

毎回中身を変えてみると色々な味を楽しめます。
例えば・・・
野菜畑にプチにんじんや赤ラディッシュ、インゲンなど。
レアチーズパイにアンズやベリー、桃など。
サンドイッチにチキンやスモークサーモン、グリーンピースのペーストなど。

 

嬉しい発見

美味しい食事を食べ、新鮮な空気を思いっきり吸って、
自然の中で時間を過ごすのがQuébecらしい夏休みの過ごし方です。
それにたくさんの発見ができます。

ついこの間、青梅の我が家の庭でも嬉しい発見がありました。
薪小屋の中で4匹の子ネコが生まれました。

あれから毎朝起きると、お母さんと仲良く遊んでいる姿を見せてくれます。
まさか、庭の薪小屋がネコ達のすみかになると想像したことはなかったです。
ネコにとっては住み心地がよかったのでしょうね!

 

Photoes by Marie Desjardins

 
p.s.「薪ストーブは私のキッチン」はこれでお休みをいただきます。
2年間、楽しんでいただけたでしょうか。
レシピがお役に立てたならとても嬉しいです。

 



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内