ファイヤーサイドスタッフブログ われら薪焚人(まきたきびと)

中央アルプスの麓、標高800mの大自然より四季折々の話題をお届けします。

2015 Nov. 24

カレンダーこぼれ話

カテゴリー: 薪の話

LOVE♥FIREWOOD
薪を見ると嬉しくなる薪ストーブユーザーのためのカレンダーができました。
愛すべき薪たちが四季の風景と共に描かれ、薪ストーブのそばに飾るのに最高!の仕上がりになっています。

イラストは来年小学54年生の伊東孝志さんです。
今年も伊東さんにそれはそれは沢山薪を割っていただきました(絵の中で)。

やさしくあたたかみのある水彩画にファン多数。
カレンダーとしての役目が終わっても、額装して引き続き楽しまれている方も多いそうです。


表紙です。
発売から30年を迎えるENCOREが薪アートになっています。
煙突にはサーモメーターも付いています。
5、6月の紫陽花をバックにしたバージョンも素敵ですよ。

「誰かこれを再現してくれないかな〜」と伊東さんも期待しております。
もしチャレンジされた勇者がいましたら、木男探しの応募アドレスまでご一報ください!!


室内に運ばれて出番を待つ薪。
手前にウッドボックスが置いてあります。
薪越しに見るアンコールもおつなもの。
アップになった薪の表情、1本として同じものがないのも見所です。


3、4月。春の風景。
手前のタンポポの花びらと放射状に広がる薪積みがリンクしています。


暦部分には予定を書き込めるので実用的です。
お客様のリクエストに応えて、2015年版からメモスペースを大きくとっています。
上弦、満月、下弦、新月……月の満ち欠けも入っています。
夜空を見上げて、暗いな?明るいな?と思ってカレンダーを見ると、ああ新月か、満月か、と納得。これが結構楽しいです。
自然と暮らしているなと感じます。


「変なおじさんがたくさん隠れていて、面白いなと思いました」
(7才、男の子)
と可愛い感想をいただいた2014年の「火男(ひょっとこ)」探し。
2016年の変なおじさんはドロボーヒゲがチャームポイントの「木男(きおとこ)」です。
絵の中で目が合うとつぶらな瞳がこっちを見ていますのでご注意ください。

何人いるかな?
今回は前回よりちょっと難しいかも。。
ご応募をいただき始めていますが、正解率は50%くらいでしょうか。
正解者の中から抽選で薪クッションを差し上げます。
ご応募お待ちしております!

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内