高橋みな 火のあるお料理とクックウェア探検

ウッドストーブクッキングアドバイザー高橋みなが楽しい料理と共にクックウェアの可能性に迫る!

銀杏パウダー入り海老しんじょう揚げをロッジ社サービングポットで

薪ストーブ料理-銀杏パウダー入り海老しんじょう揚げ
 

夜のあいだ、静かに雪が降り積もった日のあくる朝、太陽が昇りきる前に見たい景色があります。
真っ白でふんわり、軽い綿毛のような雪の花を咲かせた桜の並木。
日があたると消えてしまう、はかなく美しいひとときです。
立春を過ぎ、日が暮れるのも遅くなったことに気づきました。
軒先を滴り落ちる雪解けの水音・・。
春のおとずれがそこまできている、と日に日に感じています。

 
先日、長岡市と市町村合併した小国町のNPO法人『小国MTNサポート』の皆さんが
我が家に遊びにこられました。
“まちづくり”“環境保全”“子育て応援”“経済活動を活発に!”を軸に、
小国の農水産業などを元気にしていこう、と人のために動いている素敵なかたがたです。
『MTN』とは、もったいないの意味。なんの略かな・・、と思ったらそうだったのね。
 
小国町では「銀杏の実」が古くからの特産品として広く親しまれています。
この銀杏の実を様々な用途に使えるよう、フリーズドライの粉末状にしてみた、
そして農産物直売所で販売できるようなメニューの開発を考えている最中、とのことで
「銀杏パウダー」の真空パックを見せてくれました。
パウダーにすることで、かさが減り、栄養価もぎゅっと濃縮されているそうです。

また、一度煎ってから使う、ということで1~2分乾煎りしました。

「今までどんなものをつくってみたんですか?」
「スイーツかなと思ってプリン、ブラマンジェ、ロールケーキ、クッキー、いろいろやってみたけど・・」
 
そこでひとまず、「銀杏パウダー」をお預かりすることにして、
いろいろな使い道をさぐってみることになりました。
試作を家族に味見してもらい、何度か試すなか、評判がよかったのが、「銀杏海老しんじょう」。
ストーブトップにロッジ社サービングポットをおいて天ぷらのように揚げてみました。
鋳物の鍋では油を使う料理をたくさんつくると、油がよりなじんで焦げ付きづらくなっていきます。
我が家のサービングポットも使う毎に「ブラックポット」に近づいています。

ロッジ社サービングポット

 

銀杏海老しんじょう

薪ストーブ料理-銀杏海老しんじょう
 

 

 薪ストーブ料理-銀杏海老しんじょう-材料

  • 海老 …300g
  • 卵白 …1個分
  • 酒 …小さじ1
  • 片栗粉 …大さじ2
  • 銀杏 …6~7粒(粗みじん切り)
  • 塩 …少々
  • しし唐 …適量
  • (銀杏パウダーを3g加えましたが、まだ流通していないため、他の材料だけでも大丈夫です) 

 

 

1.海老はからをむき、背わたをとって包丁で粗みじんにする。

2.すり鉢にいれ、粗めのすり身にし、卵白、塩、片栗粉、銀杏パウダーを加え、
海老すり身とよく混ぜる。

3.ストーブトップにサービングポットをおき、サラダ油を2~3センチほどいれ、油を予熱する。
4.スプーンで一口大にしたすり身を油で揚げる。

5.しし唐ははじけやすいので、タークローストフライパンで焼くと良い。

6.油をきって、海老しんじょう、しし唐を盛り付ける。
薪ストーブ料理-銀杏海老しんじょう

海老のプリプリ食感がはじけるような味わいでお皿があっという間に空っぽになりました。
味付けは、揚がったばかりの海老しんじょうにぱらぱら塩をふるだけでも十分ですが、
レモンやかぼすを搾ったり、ポン酢しょうゆで食べても美味しそうです。
銀杏の風味がいいアクセントです。
今年の秋に実る銀杏で作ればより美味しくなるはず!

翡翠のような緑色ともちもちの甘みが銀杏の持ち味。
パウダーの使いよさと合わせて様々な料理法が次々浮かんできます。
 
次の日、試作メニュー第二弾として「銀杏海老しんじょう丼」を作ってみました。
 

 

銀杏海老しんじょう丼

薪ストーブ料理-銀杏海老しんじょう丼
 

 

  • 海老 …300g
  • 玉ねぎ …中くらい半分(すりおろす)
  • パン粉 …大さじ2
  • 片栗粉 …大さじ2
  • 銀杏 …6~7粒(粗みじん)
  • 銀杏パウダー …3g
  • 卵 …1個
  • 塩 …小さじ2 
  • しょうが …親ゆびくらい(すりおろす)

 

作り方は、最初に作った海老しんじょうといっしょですが、
パン粉、玉ねぎ、しょうがなどが加わってより、味に奥行きが出てきました。
木べらで多めにすくって丸く形づくり、ストーブトップでこんがり揚げました。
右側のエマリアミルクパンでことこと煮詰めているのは、ざぼんのマーマレード。


アンコール
クッキンググリドルの上は温度が高くなるため、
ストーブ本体ホウロウ部分でゆっくりとジャム作りも便利です。
熱くなってぽこぽこ噴きこぼれそうになったら、温度の低い場所に移して・・、
とクッキンググリドルが広く、同時にたくさんの調理が可能なアンコールは、
お料理のベストパートナーだと思います。
 
さて、この大きな海老しんじょう、豪快にどんぶりに仕立てて
濃い目の天つゆをたっぷりかけて、熱々をかぶりついてみて下さい。
玉ねぎは食感が残るように粗みじんぎりで混ぜても美味しいですよ!
 
今度MTNの皆さんにも味見してもらうべく、いろいろな料理法を考えているところ。
産直店舗の商品になって皆さんのお手元に銀杏パウダー料理がお目見えする日も近いかな!?



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内