薪ストーブと湯たんぽ

  • ページの先頭へ

アマゾンの少数部族と、猫と小鳥とアンコール

  • ページの先頭へ

祈りとしての薪ストーブ

  • ページの先頭へ

薪小屋の薪と国家財政

青いドングリは、夏の置き土産。カケスと栗鼠が喜んでいる。春から夏を庭仕事に精を出した者なら わかってくれるだろう。この季節の豊かなノスタルジアを……

» 薪小屋の薪と国家財政…の全文を読む

  • ページの先頭へ

ストーブシーズンの開幕

数万羽の信天翁が、尖閣の洋上をたおやかにソアリングしている光景を想ってみましょう。日本人と中国人と台湾人と、それから世界中の人たちが、鳥柱となって洋上をソアリングする空からの使者に喝采を送る日を……

» ストーブシーズンの開幕…の全文を読む

  • ページの先頭へ

家と庭と、薪ストーブ

  • ページの先頭へ

市民的コンスピラシー

カリフォルニアの田舎町の消防署で灯りつづけていた現役の電球が100年前の製品であることが分かった。そこで町民が、この電球の生誕100周年を盛大に祝った。

» 市民的コンスピラシー…の全文を読む

  • ページの先頭へ

アナボタ・モト……火を夢見ている

  • ページの先頭へ

娯楽論序説

お金の使い方に関しては、彼はお利口さんなんです。300万円の新車よりは、1万円の剪定ばさみのほうが自分の人生を高めてくれると思ってるんです。

» 娯楽論序説…の全文を読む

  • ページの先頭へ

それぞれの人生と薪ストーブ

  • ページの先頭へ