フォトエッセイ「写風人の薪焚き日和」

風のように自由気ままに撮り続けたい…カメラマンの視点から綴る日々の薪ストーブライフ

鉄鍋料理も工夫次第でヘルシー

アウトドア料理の定番といえばバーベキュー。
夏は何処でも誰でもバーベキュー。
(BBQというより、ほとんどがただの焼き肉のように思えますが・・・)

たまにはワンパターン屋外焼き肉は卒業して、
焼き網を鉄鍋に変えてみてはどうでしょう。
ダッチオーブンなら、料理の幅がうんと広がり、
本格的料理が簡単にできてしまうのです。

ただ、ダッチオーブン料理は「脂っこい、カロリー高そう。」
そんなイメージになりがち。
そこで今回は管理栄養士のはっちさんをお迎えして、
栄養バランスのとれたメニューを考えていただきました。


レシピはデザートを含めて全6品。


舞台はファイヤーライフ岐阜
「夏の鉄鍋料理」のイベントからレポートしたいと思います。

クックウェア »ロッジ ダッチオーブン

 

夏の鉄鍋料理教室

管理栄養士はっちさんの講話から始まり
6組の参加者がそれぞれ一品ずつ担当して作っていただきました。

仕込みの終わったグループから、ファイヤープレースに移動。

ダッチオーブン料理は火のコントロールが最大のポイントです。

参加者が集まる前から焚き火を始め、
調理する頃には程よい熾きの状態にしておきます。
上火には熾きや豆炭を使います。


強火で一気に調理したい場合は針葉樹で火力を上げます。

すべての料理が同時に出来上がるように時間調整し、
料理の担当者が披露していきます。

鉄鍋の蓋を開けた瞬間、湯気が溢れだし料理が姿を現す。
参加者からは盛大な歓声があがり、一斉にデジカメが向けられる。
これ、いつものパターンですが、
ダッチオーブン料理は蓋を開けた瞬間が盛り上がるんですよね。

みんなで作りみんなで食べる鉄鍋料理はどれも美味しいです。
すべてのレシピは載せられませんが、6品の料理と栄養の豆知識をご紹介します。
カロリーは参加者20名で割った1人当たりの数値です。

 

キャベツと豚のヘルシースープ 110kcal


キャベツと豚肉を挟んだコンソメ味のヘルシースープです。
<栄養の話>
キャベツのビタミンU(キャベジン)は胃腸の粘膜を守る。
ビタミンCも豊富 ➡ 疲労回復

 

夏野菜のチーズ焼き 25kcal


夏野菜をたっぷり使ってチーズで焼き上げ、旬の美味しさを味わいます。
カロリーはかなり控えめです。
<栄養の話>
色の濃い夏野菜はβ-カロテンが豊富 ➡ 美肌効果あり!

 

チリコンカーン 245kcal


夏はやっぱりコレ。
トマトをたっぷりアレンジした、写風人定番の豆料理です。
<栄養の話>
トマトはビタミンCとリコピン ➡ 疲労回復と美肌効果
いんげん豆(金時豆やうずら豆)はカルシウムが多い ➡ 骨ソショウ症予防
皮に食物繊維が豊富 ➡ 整腸作用、動脈硬化予防

 

豪快ミートローフ 296kcal


屋外でもダッチオーブンだからこそ出来る豪快ミートローフ。
中には野菜いっぱいです。
<栄養の話>
ひき肉のヘルシーな選び方 ➡ 赤味の多そうなパックを選ぶ。
フードプロセッサーで手作りすれば、脂身の調節ができて尚ヘルシー。

 

大鍋パエリア 300kcal


世界的に人気の高いスペイン料理。
魚介類はシーフードミックスでより簡単に。
<栄養の話>
貝はカルシウムや鉄が豊富 ➡ 歯・骨の形成、貧血対策

 

ふわふわフレンチトースト 520kcal


デザートは、はっちさんのカフェでも人気の高いフレンチトースト。


卵・砂糖・牛乳を混ぜ合わせ、バゲットを浸しておきます。
スキレットにバターをひき、両面をこんがり焼いたら出来上がり。


数種類のソースやアイスクリームをお好みでトッピングしていただきます。
甘くて美味しいデザートはおかわり殺到でした。
<栄養の話>
甘さは脳と心の栄養 ➡ 脳の栄養源はブドウ糖だけ。
頭をフル稼働したい時にはオススメ。
また、砂糖は精神を安定させる作用がある。

 
ちょうどデザートを食べ始めた頃、地元の花火大会が始まりました。

演出効果抜群!
と言いたい所ですが、残念ながらこの場所からは花火が見えないのです。

しかし、どれも美味しく仕上がった鉄鍋料理に皆さん感激の様子。
中でもあっという間になくなったのはミートローフ。
せっかくですので、この一品だけレシピをご紹介します。

 

豪快ミートローフのレシピ

材料

  • (12inch)
  • 合挽き肉 …1000g
  • 玉ねぎ …2個
  • じゃが芋 …3個
  • いんげん …60g
  • 人参 …1本
  • チーズ …60g
  • マヨネーズ …適量
  • ケチャップ …60cc
  • ソース …60cc
  • (A)
  • パン粉 …1カップ
  • 牛乳 …100cc
  • 卵 …2個
  • 塩 …小さじ2
  • こしょう …少々
  • ナツメグ …少々

 

作り方

1.玉ねぎをみじん切りにして、油で炒める。
2.パン粉を牛乳にひたしておく。
3.ボールに合挽き肉、炒めた玉ねぎ、(A)を入れてよくこねる。

4.人参、いんげんは1cm角に切り、5分ほどゆでる。
5.じゃが芋はゆでてつぶし、チーズ・野菜と一緒にマヨネーズで和える。
6.ラップに肉を広げ、⑤を中心に並べ、肉を巻く。
7.形を整えて、クッキングシートをひいた鍋に入れ、肉の表面に油を塗る。
・・・鍋のままファイヤープレースに移動。
8.上強火、下弱火で15分焼く。
9.ケチャップとソースを混ぜて塗り、さらに上火で5分。

美味しそうな焦げ目がつけば出来上がりです。

 

*次回の更新は10月上旬です。

                



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内