すずきみちよ 薪ストーブでおうちごはん

アウトドア料理コーディネーター鈴木道代によるシンプルな素材が生きる「おうちごはん」レシピ

お手軽きのこグラタン

鍋でホワイトソースを作り、
オーブンで焼き上げるグラタンは薪ストーブクッキングにピッタリ!!
炒める、煮込む、グリルまで一つの熱源でできるなんて
薪ストーブって夢の料理道具みたい・・・ もちろんお家も暖めますし。

このグラタンはソースもマカロニもひと鍋で作るのでとってもカンタン。
うちは普段素食なので豆乳で作っています。
バターも使わずヘルシーなのに、天然きのこのコクでこのおいしさです。

 

 

  • マカロニ     ・・・ 200g
  • 前の雑木林で採れたコガネヤマドリ、タマゴタケ または、しめじ1パック
  • 玉ネギ     ・・・ 1個
  • 豆乳     ・・・ 1000cc     
  • オリーブオイル     ・・・ 少々
  • 自然塩     ・・・ 小さじ1,5
  • こしょう     ・・・ 少々
  • とろけるチーズ     ・・・ 適量

 

 


薪ストーブは強めに焚き、
ストーブトップできのこ、玉ネギをオリーブオイルで炒める。


豆乳を入れて煮立て、塩こしょうで味を整えてから
マカロニをそのまま(!)加える。
焦げ付かないようにかき混ぜたり、
ストーブトップでの場所を変えたりしながら
マカロニが柔らかくなるまで煮込む。
とろみが自然につきます。


油を塗ったグラタン皿に移してとろけるチーズを乗せたら
炉内に入れて焼き目がつくまで焼く。
(ストーブサーモメーター250℃で10分くらい)
うちはクッキングスタンドに鉄板(厚さ7mm)を乗せて使用しています。


チーズがこんがり、ホワイトソースはグツグツでおいしそう♪


大人はハフハフいいつつ熱いうちに。
お子様はちょっと冷やしてからめしあがれ!
 

薪ストーブの焚き始めの時期になると思うのが、
「煙突掃除しなくっちゃ・・・」です。
薪ストーブには一年で一番大切なメンテナンスですよね。
うちでは俊ちゃん(ダンナさん)が屋根に登り、
ロープをつけたブラシを家の外と中で
ソレーッと声をかけ合いながら引っ張って掃除してます。

幸い、アンコールの煙はクリーンだし、煙突もまっすぐ長いし、
薪もなるべく良いものを使っているので、
年一回の掃除でも煤は男の人の両手いっぱいくらいしか出ません。
近所の薪ストーブの人に聞くと曲がり煙突でコンバスターなしだからか、
年3回は掃除しないと燃えが悪くなるとか・・・。

煙突からの煙もよその家と違ってほとんど見えないことが多く、
お客さんから「ストーブつけてないと思った~」と言われることが多いんですよ。
働き者のアンコールくんに感謝感謝です。



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内