ファイヤーサイドスタッフブログ われら薪焚人(まきたきびと)

中央アルプスの麓、標高800mの大自然より四季折々の話題をお届けします。

2012 Apr. 9

ファイヤーサイドの昼休み 珈琲編(下)

» 前回

松澤プロデュースによる珈琲野点つづきです。

ジャジャーン!
空き缶を使って口元を細工したギリーケトルです。

これならコーヒーのドリップもポタポタとできて便利です。
(商品化検討中!?)

煎りたて、挽きたてのコーヒーが入りました。
写風人さんにいただいた「ククサ」で味わってます。

このコーヒー、ご相伴にあずかりましたがほんとに美味しかった!

何でもスイッチポンでできてしまうこの時代、
お茶1杯にこれだけ時間をかけるのもある意味ぜいたく。
何よりそこには楽しみや趣があり、
薪ストーブライフに通じるものがあります。


↑自分でスプーンを削って作ったというストラップがかわいかった。

自作のトライポット。
自在鉤は。。。

やはりドラゴンでした?

 

  • ページの先頭へ

コメント

  1. 続編、楽しみにしていました。

    ギリーケトルから直接ドリップするなんて思いつきませんでしたが、こんな方法があったんですね。発想力に感服いたしました。
    それにスプーンのストラップいいですね?。これがあれば松澤さんの私物って分かるから、Matsuzawaってマジックのサインはいらないんじゃないですか。

    ドラゴン自在鉤、私も真似させていただきま?す。

  2. コメントありがとうございます。タカヒロのポットを使ってお上品にやってましたが、荷物を減らしつつ、ちょっと工夫してみました。サイン・・・心配性なので。

コメントをどうぞ

※メールアドレスは公開されません。お名前とメールアドレスを必ず入力してください。

(必須)

(必須)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内