ポールキャスナー 薪ストーブのある生活

日本における草分け的存在が贈るカントリーライフの提案。薪ストーブにまつわる様々なストーリーをお届けします。

FIRESIDE History

ちょうど20年前にここ駒ヶ根に引っ越してきました。
24~5年前にバーモントキャスティングスの輸入を始め、
ファイヤーサイドを立ち上げ、
ここから30キロぐらい南にある飯田市に
オフィスとショールームと小さな倉庫がありました。

そのころはまだまだ薪ストーブを知る人も使う人も少なかった。
薪ストーブはすばらしいものと思って、多くの人に知ってもらいたかった。
そのため一生懸命薪ストーブのことをすべて勉強していました。
薪ストーブのお客様にプランニングのアドバイスや設置図面を書いて、
高所恐怖症なのに現場の屋根を登り、煙突工事や掃除をしたり、
とても重いストーブを運んで設置したりしていました。
なんでもやりました。
少しずつバーモントキャスティングスの薪ストーブが人気になってきて、
その飯田の狭い倉庫では間に合わなくなった。

そして20年前のある日、お世話になっていた北さんが
「知り合いが駒ヶ根市で貸したい空き倉庫があるのでご案内しますよ」。
「うれしい!ぜひぜひ早く見たい」と答えてすぐに決め、
現在の場所にファイヤーサイドができました。


2010年の4月の風景。
今度の4月29日に「薪ストーブライフ フェスティバル」を開催しますので、
是非現在の姿を見に来てください。


20年前ごろ。回りは田んぼしかなかった。
この時に比べてずいぶん変わりましたね。
倉庫の前のプレハブの小屋は数年お世話になったオフィスとショールームですよ。


細長い杉の木の皮を剥いて、インデアンティピーテントを建てました。
真ん中でキャンプファイヤーを。


道路のない山の家は遠かったので、
遅くまで仕事する日にはティピーテントに泊まろう!
下にシート。その上はござやブランケットや座布団をたくさん敷いて、
焚き火でご飯を炊いて、そのまま寝袋で寝泊まりしました。

夜の光は灯油ランプやろうそくと焚き火だけの生活!毎日がキャンプでした!
たくさん友達を呼んで、火に囲まれて、楽しい宴会をいっぱいやりました。
インデアンティピーが広かったので10人でも楽に座れました。

上の写真の一番左は伊東敏彦さんです。
現在彼はノースフィールドの社長です。
私の右は国際担当のビルさん。
当時は私が36歳。若かったねぇ!
当時5~6人でしたが、現在ファイヤーサイドは25人になりました!
残念ですが、ある日、台風の強風でインデアンティピーが隣の田んぼに飛んでしまい、壊れてしまいました。


私と同じくビルさんも尺八の勉強をするために来日しました。
周りに迷惑をかける人がいなかったので、
夜遅くまでビルさんたち仲間とティピーの中で、
喧しく尺八と打楽器やギターなどで、音楽をした。
焚き火の前で飲んだり食べたりして楽しんでいました。


プレハブの室内の様子。
フォーレストグリーンの初期のレゾリュートアクレイムを使っていました。


15年ぐらい前の倉庫の中の様子です。
これ一つで間に合っていました。
現在は倉庫は3つありますよ。
この夏に4つ目の新倉庫も建てる予定です。


20年前の写真です。
バーモントキャスティングスの薪ストーブの段ボールの絵が楽しかった。
この箱は現在廃盤になっているRESOLUTE(レゾリュート)のストーブです。
これを使っている人は日本にたくさんいますよ。
20年で調子はいかがでしょうか?


よく尺八のライブも楽しみました。最近は少ないなぁ。



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

コメント

  1. 【ファイヤーサイドの歴史】を楽しく拝見しました。
    プリントネガをスキャニングされたのでしょうか?
    若いビルさんとポールさん素敵ですね!

    今はすっかり企業の社長さんと国際担当の営業さんという雰囲気ですが
    お若いときはアウトドア好きの風来坊(なんて言葉わかりますか)みたいでしたね(笑)

    小さい一つだけの倉庫が15年で4つにも増えるなんてすごいです。
    駒ヶ根高原の麓にあり、森にも里にも町にも近くて、しかもインターチェンジからも近くて、遠方からも行きやすいですし、とても良い場所です。
    こういう良い場所と巡り会えるのも明るく楽しい社長さんに幸運がついてまわってる気がします。

  2. モモナガさん、
    その時代はまだデジタルカメラや携帯電話が少ない時でしたので、古い写真のすべてスキャンですよ。
    その後も色んな古い写真をスキャンしていますので楽しみしてください。
    若い私に会えなかったので残念でした。今は素敵ではないですよねぇ?
    当時の駒ヶ根も今と大分違いました。駅回りの商店街の方が中心で、夏にサンバカーニバルなどありましたが、今は町が大きくなり楽しい祭りが少なくなりました。

  3. ポールさんへ

     福山の薪ストーブのイベントで、お目にかかりました。お会いするのは、今回で二度目です。グラタンとても美味しかったです。ありがとうございました。我が家は、薪ストーブ歴は、今シーズンで、二度目でした。お陰さまで暖かい冬を過ごす事が出来ました。せっかくの薪ストーブなので、お料理上手になりたいと思っています。今後ともよろしくお願いします。

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内