Keeper Of The Flame Vol.2

二人はパートナーとして長い渡し板の端と端にわかれ、ハウエルは経営者として、サイムは創造力を武器として互いの才能でうまく経営していった。「私達は世間を圧倒するような経営学修士の概念を持ち合わせているタイプではない。ただ道徳 …

» Keeper Of The Flame Vol.2…の全文を読む

  • ページの先頭へ

空飛ぶ小枝

ストーブに火を起こすためのキンドリング(焚き付け)が充分だったことはない。 朝、ストーブに火を起こすときには、15本ほどのキンドリングを使う。 ストーブの炉室でオーブン料理を楽しむときには、もっと多くのキンドリングが必要 …

» 空飛ぶ小枝…の全文を読む

  • ページの先頭へ

アメリカのアンティークストーブ屋さん その2

  • ページの先頭へ

アメリカのアンティークストーブ屋さん その1

  • ページの先頭へ

Trivet(トリベット)…縁の下の料理名人

トリベット無しのストーブクッキングなど考えることができない。ストーブトップ・クッキングのためのこの五徳の見かけは地味だが、その実力は大したものでなのである。シチューやカレーを弱火で調理したいのに、ストーブの火力が強すぎる …

» Trivet(トリベット)…縁の下の料理名人…の全文を読む

  • ページの先頭へ

薪とデファイアント貯金箱

  リンゴ農家は、毎年リンゴの木を手入れしなければならない。で、 切り倒す古木や剪定枝をただでくれると言ってくれる。彼にしてみれば、それを片づけて持ち去ってくれるなら大助かりだ。そんな彼は、 時にリンゴを1箱お土産にくれ …

» 薪とデファイアント貯金箱…の全文を読む

  • ページの先頭へ

冬中1本のマッチで

朝早く起きてわたしが最初にすること、それはストーブのチェック。 炭がたくさん残っていれば、その中からまだ燃えている熾き火(おきび)を探す。一番熱そうな炭火を探して、火ばさみでストーブの真ん中に置く。手作りの火吹きでその炭 …

» 冬中1本のマッチで…の全文を読む

  • ページの先頭へ
9 / 9« 先頭...56789