ポールキャスナー 薪ストーブのある生活

日本における草分け的存在が贈るカントリーライフの提案。薪ストーブにまつわる様々なストーリーをお届けします。

空飛ぶ小枝

ストーブに火を起こすためのキンドリング(焚き付け)が充分だったことはない。
朝、ストーブに火を起こすときには、15本ほどのキンドリングを使う。
ストーブの炉室でオーブン料理を楽しむときには、
もっと多くのキンドリングが必要になる。

太い薪を焚き付け用に細く割るのは、手間がかかる仕事だ。
で、枝木を焚き付けとして活用している。
多くの人は、 その枝木を邪魔物扱いしている。

 

 

枝木を短く切って、キンドリングを作るのは容易い。
細い枝木を切るときは、シングルハンドの“ワイルドライフ”または“ハンター” を使う。
軽くてシャープな斧なので、長い枝木を適正な長さの焚き付けに切り揃えることができる。
このような小型の斧をキンドリングアックスと呼ぶ。

直径3センチ以上の枝木は“スカンジナビアンアックス”を使う。
ワイルドライフよりも斧身が少し重く柄が長いので、
枝木をバターのように断ち切ることができる。

 

 

キンドリングは、黄色いプラスチックの箱に収納しておく。
この箱は格子状になっているので、空気の流通がいい。
生枝でも、2, 3ヶ月で乾燥する。
箱は積み重ね式になっているので収納が楽だ。

熾き火が朝まで残っているかどうかによるし、
オーブン料理を楽しむ回数にもよるが、
一箱分のそれは1,2週間分の焚き付けになる。
10月から4月まで2台のストーブを使うようになって、
20箱分のキンドリングが必要になった。
 

 

枝木を叩き切るための枝切り台は、
自分の膝よりも充分に高くあるべきだ。
腰を曲げずに仕事ができるので、
寒い日に1時間以上枝を切っても背中が痛くならない。

わたしは、枝木が飛び散るところに黄色い箱を幾つも置いておく。
時には小枝が数メートル飛び跳ねるし、
6メートルも空に舞い上がることもある。
しかし、だいたいは箱のなかに飛び込んでいくので、
そうしておけば仕事がはかどるのである。

 

 

枝木を叩き切るときには、垂直にではなく60度の角度で斧を振り下ろすといい。
切られる枝木は、 枝切り台に密着していなければならない。
そうでないと、枝がスプリングの働きをして、
振り下ろした斧を跳ね上げるので危険だ。
そんな時には、 枝切り台の角に枝をあてがって切ればいい。 

 

 

枝木の焚き付け作りは、斧使いのためのよい勉強になる。
片手使いの斧で枝木を切ることは誰にでも簡単にできることだし、楽しいものだ。
で、誰かがきっと手伝ってくれるだろう。
子供は、わたしに見守られながら、6歳のときに焚き付け切りを学んだ。

斧は鋭利な刃物である。
安全への充分な配慮を。革の手袋とゴーグルを必ず着用しよう。
斧で叩き切られた枝木は、時として凄い勢いで空に飛び出す!

 

 

 


 

Flying Branches

 

I never seem to have enough kindling for my stove. I generally use about 15 sticks to start my morning fire. But I also a lot for In- Stove-Oven cooking. It isn’t enough just to chop large pieces of firewood for those long cold winter nights. When I get those big logs to cut I also try to use as much of the branches as possible. A lot of people leave the branches behind as waste.

 

It is easy and quick to chop the branches into firewood. I generally use my WIld Life or Hunter axe for the smaller branches. It is light and sharp. It makes quick work of cutting those long branches into the perfect length for kindling. For the thicker branches up 3 cm I use my Scandinavian axe. The head is a bit heaver and the longer handle cuts through the branches like butter.

 

I store my kindling in the yellow plastic boxes that stack on top of each other. The slits it the boxes allow air to flow through so the kindling dries out in just a few months. The boxes stack one on top of the other so they are easy to store. Each box will last about a week or 2 depending on the amount of hot coals left over for the morning fire or how much oven cooking I am doing. Since I use my 2 stoves from October to April I figure I need at least 20 boxes full of twigs.

 

My kindling chopping block is just high enough so I don’t have to bend over. This is important because on a cold day stopping over for an hour chopping kindling strains my back. I place several of the yellow boxes around the chopping block positioned just about where the chopped twigs will fly off. Sometime a twig will fly several meters from the block or shoot up in the air 6 meters! Generally the twigs will fly right into the box so I don’t have to pick up very many which makes the job of cleaning up easier.

 

I chop the branches at a 60 degree angle as this seems to cut better than at a 90 degree angle. The branch should rest fully on the chopping block. If the green branch is not in contact with the block it is like a spring and the axe will just bounce of without cutting through. Sometime I use the edge of the block because it is easier to make contact with the block.

 

Chopping kindling is a good way for beginners to get used to swinging an axe. It is easier than chopping large pieces of wood as you use only one hand and is something everyone can pitch in. My children learned how to cut kindling once they were 6 years old under my watchful eye. Axes are sharp so safety is important. Always where leather gloves and eye protection as those branches will really fly.



このWebマガジンはファイヤーサイドが提供しています。

  • ページの先頭へ

薪ストーブエッセイ・森からの便り 新着案内